LINEで送る
Pocket

もうひとつのミニアチュール。いろいろ考えて、別なものを作り始めたのでした。

7月に故郷で開催される、ミニアチュールzero展に出展することにした作品の前に、製作していたものがありました。

こちらは、最初に鉛筆で下絵を描きまして、それをベースに、作り始めました。

下絵

イメージは描いていた絵でしたが、それを羊毛で表すのは、また違う作業になりますね^^;

ちょっと、時間が間に合わないかなと😱

それでもう一点、別のものを作り始めたのでした。

最初に背景を水フェルトで作っていましたが、昨年までのミニアチュールzero展の皆さんの作品を見ながら、もっと勉強しなくてはなと、また反省を💦

半年前、いや、もう、来年の絵のことは考えないとなと、思いました^^;

やはり、ギリギリ星人(笑)になりましたね😜

羊毛フェルトも、絵の具の絵もそうだと思いますが、遠近を考えて描かないとなりません。

当然ですが、遠くの物は奥に。近くの物は、その上に。

基本的なことですが、それをあまり考えずに、背景から作っていたのがありまして、新しい作品は、全く別の羊毛シートに、違う絵として作り始めました。

絵は、専属デザイナーさんに(笑)いろいろアドバイスをいただきましたよ🐧

夜桜お七や、ギリシャ神話のメデューサを想像して(笑)

これをチクチクしながら、「夜桜お七」の歌が思い浮かびました🎵

夜桜お七 or メデューサ?

作品とは関係ないですが、坂本冬美さんが歌う「夜桜お七」は、作詞が歌人の、林あまりさんなんですね。

昔、歌集を持っていたことがありまして。20代の頃でした。

歌詞を読んでいたら、あ、そんな感じがするなと、わからないなりに、納得しました😊

それから、メデューサを思い出しまして(笑)

そんなつもりは無かったんですが、羊毛の端っこが、蛇の頭に見えなくもないような🐍

ギリシャ神話に出てくる、髪の毛が蛇で、見た人を石にするというメデューサですが、昔、映画や本で見ていました。

神話は読んでいたら、いろんな複雑な物語があって面白いものです。

もしかしたら、そんな昔のうっすらとした記憶が、こんな絵になったんでしょうか^^;

最初に描いた下絵とは、だいぶ雰囲気が変わりましたね😊

描きたい雰囲気はありましたが、完成させるには時間が必要だな^^;と思い、こちらは、ミニアチュール展には出さないことにしました。

一人一点だけ出展可能なので、今回は、もう一つの作品を出します。

こちらの作品で迷ったのは、余白に何を施すかでした。

それを考えた時に、背景に入れたい物が出来まして、これは間に合わないな^^;と、とりあえず中断にしたんですよね💧

実際にミニアチュールzero展に出す作品は、そのうち(笑)アップします。

今回のミニアチュールzero展に出す作品は、来月に入ってから、全体の写真をアップします。

締め切りに無事間に合いましたら(笑)記事に書きたいと思っています。

もう作品は完成して、あとは紐を付けて、梱包するだけになりました。

ですから、間に合います🙃😝🙃

出展する作品の一部をアップしていましたが、こちらの作品とは、雰囲気が全く違うものになりましたねー。

題名も決まりました、急に降りてきまして😎

それを読んだら、少年推理小説みたいだなと思いましたが(笑)

もうしばらくお待ちください。

今回で4回目の参加になるミニアチュールzero展ですが、主催されるアートショップ彩画堂さんで、初めてパネルが買えましたので、私にとって記念の作品になります😊

「福岡から出している、羊毛フェルトの..」で(笑)彩画堂さんの方が、私の名前をわかって下さったのが嬉しかったですね😂

私には所縁ある場所にある画材屋さんなので、ミニアチュールzero展がある限り、出し続けたいなと思っています。

もうひとつのミニアチュールは、夜桜お七か、ギリシャ神話のメデューサか(笑)でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook