LINEで送る
Pocket

ミニアチュールzero2019に出展する作品を、羊毛フェルトで。

平成最後のブログに書いていましたが、令和最初の作品製作は、7月に故郷盛岡市で開催の公募展、「ミニアチュールzero2019」に出展する作品になります。

いろいろ下絵を描いていましたが、ゴールデンウィーク中に見ることが出来た風景が素晴らしくて、そちらからイメージが膨らんだ絵を、羊毛フェルトで表現することにしました。

会期は7月半ばからなのですが、アイデアを考えるのは春になることが多いので、何かが始まるような、そんな気持ちになりますね😊

本当はもっと早くから、考えた方が良いのですが^^;

私は風景、または、心象風景を描くのが好きみたいです。

自分が行きたい場所、居たい場所でしょうか。

これまで出した作品の背景は、ブルーが多いですが、広い青空が好きなんだなと思います。

まだみな作ってないので、写真は一部ですが、これまでみたいに、何か飛ばしたいなと考え中です🤔

ミニアチュールzero2019出展作品

ミニアチュールzero2019出展作品

ハンドメイドの世界は、様々で。手を動かすのは、遊びからなんだなと。

羊毛フェルトだけでしたら、マットな感じになるので、何か光沢がある物を使いたいなと、パーツの試作をしていました。

今はいろんなハンドメイドがありますが、粘土とかレジンは、まだあまりやったことがありません。

羊毛以外のもので、立体的にパーツを作れたらなと、今回はプラスチックを使ってみています。

面白いもので、子どもたちが遊びながら作っていたものに、ヒントがあったりしますね💡

一番上の子どもが小さい時に、アイロンビーズが出始めて、友だちと夢中で作っていましたが、最近また、ハンドメイドの世界で見かけて、懐かしく思っていました😊

また、プラ板も、子どもが小さい時によく、バザーなどで作っていましたねー。

プラ板のアクセサリーキットがあるのを手芸屋さんで見かけて、びっくりしたり。

折り紙、切り紙などなど。

手を動かすのは、遊びからなんだなと感じます。

立体化することで、絵本のように表現したいです。見て下さる方が、笑顔になってくれたら。

ミニアチュールの作品は、14センチ×18センチのF0サイズなので、羊毛フェルトの作業マット位の小さなスペースなのですが、その中にひとつの世界を描くのは、繊細な作業になりますね。

が、私は羊毛フェルトなど、いろいろな材料を使っているので、やや立体的にすることで、絵本の中みたいな世界が描けたらなと思っています。

絵本の挿絵は、素晴らしいですねー。

少ない言葉でも、絵から伝わるものがあります。

以前、息子が絵本作りのワークショップに参加したことがありまして、その様子をそばで見ていましたが、絵本は何ページかに渡る絵になりますから、流れが大事なことを、そこで知りました。

一枚の絵は、さらに難しいですね。

描きたいことの、どこを切り取るかで、描くものが変わります。

今回は、見て下さる方が笑顔になれたらなと、それだけを思っています。

羊毛フェルトですから、本当なら、触っていただきたい位ですが、それは出来ませんので、見て、羊毛の温もりを感じていただけたらなと。

これまではミニアチュール展のためだけに、絵を羊毛で描いてきましたが、他の機会でも作って、一年通しての作品があったら良いのでしょうね。

私はブローチ作りも好きなので、そんか小さな世界に、いろんなシーンを描いてみたいです。

また完成しましたら、アップしたいと思っています。

完成は、いつになるかな…。

羊毛フェルトを使って、ミニアチュールの作品を製作しています。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook