ワークショップサンプル、ドングリとリンゴマスコット-作品番号52

  • HOME »
  • »
  • ワークショップサンプル、ドングリとリンゴマスコット-作品番号52

作品概要

ワークショップのために考えてみた、マスコットサンプルです。

作品の大きさ

一体 縦3×横3.5×高さ3.5センチ

作品説明

委託販売先だった雑貨屋スマイルボックスさんでの、ワークショップのために考えてみた、秋にピッタリのドングリとリンゴのマスコットサンプルです🍏

ドングリは、傘の部分に毛糸を使ったら可愛らしいかなーと、いろんな毛糸を刺してみました。

普通、傘が枝についているので、上にすると思いますが、ボリュームが出たので、逆さまにしてお顔をつけたら‼

なんだか虫みたいな感じで可愛いかなあと、このパターンでいくつか作ってみました😊

傘の部分に使う糸によって、雰囲気が変わりますねー。

お顔は土台に使う、固まりやすい羊毛を使いましたので、ワークショップでは土台から作っていただきました。

お好みの糸を選んでいただいて、下半分に、ぐるぐるニードルで刺してみて。お好みですが、ポンポンの長さを整えるように、ハサミでカット。

結構バラエティに富んだ作品が出来ました❤

どんぐり

りんごは、丸を作る練習になるので、土台羊毛は使わないで、赤い羊毛で丸を作ってもらいました🍎

お目々はプラスチックアイを使いましたが、サイズや場所で表情が変わりますねー。

ヘタは、茶色の羊毛を細く丸めてチクチクして、緑の羊毛や糸で、葉っぱをつけます。髪の毛みたいで可愛いですよ。

私は、前髪みたいにしてみました👩

シンプルなものほど、オリジナリティが出て、楽しいワークショップになります。お隣の方が作るのを見ながら、ちょっと変えてみたり、おしゃべりに花が咲いたり。

小さなマスコットで、いろんな会話が生まれるものですね☺

りんごは、色を変えたら、いろんなフルーツに応用できます。お目々がついただけで、キャラになっちゃったり👲🏻

目を羊毛で刺してみたら、また表情が変わるんですよね。楽しいです🍀

お子さんのワークショップでは、私が目打ちで穴を開けて、プラスチックアイを入れてもらいますが、入った時の皆さんの笑顔が、毎回楽しみですね❤

ワークショップでは、皆さんのオリジナリティに感嘆することが多々ありました。普段1人で作業することがほとんどですから、皆さんと作るのも、私が楽しかったりします。

そんな場所を、また作りたいですね。

どんぐりとりんご

作品へのお問い合わせについて

こちらの作品へのお問い合わせは、お問い合わせページからお願いします。

作品の注文方法につきましては、ご注文の流れページから、ご確認くださいませ。

これと全く同じ作品を作って欲しい、同じイメージで作って欲しい、違う動物を作って欲しいなど、お気軽にお問い合わせくだされば、お返事させていただきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.