LINEで送る
Pocket

平成を振り返れば、それは子育ての時代でした。今では、ばぁば(笑)

おそらく、平成最後の記事になります。作品ページのお知らせを、出そうとは思っていますが…。

「平成最後の」という言葉を、テレビやネットでもしばらく聞いてきましたが、次は「令和初めての」に変わるんですね。

平成を私なりに振り返りましたら、一番最初の子どもが平成2年生まれなので、子育ての時代でした。

東京時代から始まり、次は札幌。

そして2人目の子ども、長男が生まれました。

それから10年経って、福岡で末息子が生まれたので、日本縦断しながらの(笑)子育ての時代になりました。

岩手生まれの私が、東京、札幌、福岡、そして大分でも育児をしていたって、平成が始まった頃には想像がつかなかったことです。

東京は親戚がいる場所ですが、札幌、福岡、大分では、知り合いが全くいないところから子育てしてきたんだなーと、ちょっと(笑)自分を褒めたい気持ちです😊

私の育児はとにかく、公園通いに時間を使いましたねー。

公園デビューという言葉が生まれた頃です。

私たちの公園デビューは運が良く、沢山のお友だちが出来ました。

実は私は子ども時代から、本当に人見知りの口下手でして💦

初めて会う人に、自分から話しかけるのは高いハードルでしたが、やはり、母は強し(笑)でしょうか。

東京で娘が生まれた時は、一歳になる前に、家を行き来出来るお友だちが沢山出来ました😊

その時の赤ちゃんも、もうお母さんで。

ママ友さんが、ばぁば友(笑)になりました👵🏽👵🏽

初節句に、隅田川で流し雛をしたのが良い思い出ですね。

それから年月は流れ、今では末息子も高校生で、新しい時代がスタートになります。

子どもたちが、独り立ちして生きていく時代の始まりですね。

私もまだまだ頑張りたいです💪🏽

孫も生まれましたから、いろんな将来が楽しみです。

ミニアチュールの作品は、「令和」最初の作品になりそうです。

まだ出来ていませんが、今年出品するミニアチュールの作品は、「令和」最初の作品になりそうですね。

これまで3回出品してきましたが、私の中にテーマがあって、みな、飛び上がるような作品になりました。

1作目が「生きゆく」、蝶をイメージして羊毛で描きました。

「生きゆく」

2作目は、自分たち親子をモデルに作りましたが、「ペンギン親子のジャーニー」で、帽子が空を飛び。

「ペンギン親子のジャーニー」

昨年の3作目は、宮沢賢治の作品「よだかの星」が頭にあり、「耀け」という題にしました。

「耀け」

輝きながら、飛ぶイメージでした。

さて、今年は…。

ブルーの背景を羊毛フェルトで作りましたが、ちょっと悩み中です💦

羊毛フェルトで作った、ブルーの背景

これまでは平面の絵になっていましたが、飛び出すように見える作品が作りたいなと、材料や手法を考えています。

生みの苦しみになるかもしれませんが、生みの楽しみでもありますね😊

納品が、また^^;

ギリギリになりそうですが、令和の記念の作品にしたいです。

故郷に送る作品になりますから、育った場所への感謝の気持ちを込められたらなと。

平成から令和へ。様々な思いを抱えながら、私もこれから、飛び上がるように(笑)

飛躍できたらいいなと思っています。

平成最後の…。その振り返りと、これから。時代は令和へ。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook