博多阪急イベント写真~物語のイメージ-作品番号48

  • HOME »
  • »
  • 博多阪急イベント写真~物語のイメージ-作品番号48

イベント出展作品は、いろんな動物が集まる場所のイメージ。

博多阪急で2015年8月に開催されたイベントの棚を、閉店後に撮ったものです。

日本の森の中の動物たちを集めたかったので、いろいろ調べました。本やネットからだけでなく、この時は動物園に出かけて、様々な動物の姿を見てみました🐏

イメージは物語の、白雪姫やシンデレラのワンシーンのように、いろんな動物が集まる場所でした。

この時は枝を拾ってきたり、木のオブジェを作ったりしまして、飾るための什器作りから始めました。

ひつじ娘のおうちを作りました。

右側にある青い布は、テントをイメージして、枝を骨組みにしたものに被せました。前に座っている、ひつじ娘のおうちのような感じです🐏🏠

写真では見えにくいですが、その布には、毛糸や羊毛を刺繍して、水フェルトの作り方で模様を付けました。これをストールにしても良さそうだなと、作りながら思っていました。

高校の部活の演劇部で、舞台装置を作ったことがありましたが、その時の作業を思い出すような風景作りになりまして、若い時代を思い出しましたねー👧

作りたい世界を、集めることができる材料で考えるって、楽しいです❤

フクロウと、木のオブジェ。

左側にあるフクロウを下げているのは、ワイヤーと毛糸、それから羊毛で作った、木のオブジェです。

作り方に悩みましたが、毛糸を巻いてあった、紙製のコーンが使えるかなと思いまして。

中にアクリルを詰めたり、周りを毛糸で巻いたりしながら、ワイヤーを組み立てて、枝のようにしました。それの先に、羊毛ボールをつけて、チャームの什器となりました🌳

バランスが難しかったので、土台をもう少し、重さがあるものにしたら良かったかもしれませんね。今後の課題です🖊

買い求めた木のオブジェには、編みシュシュを花のイメージで飾りましたが、作品を置いたら、棚がいっぱいになってしまいまして💦

置きたかった少年の人形は、他の作家さんのご好意で、別な棚に置かせていただきました。ありがとうございます🙇🏻

マスコットは、お子さんに好評でした。

棚は、作品を置き過ぎてもいけませんね😅

レイアウトをするのに、テーマを重視し過ぎたかな?と、反省でした🐒

この翌日には、他の作家さんに配慮していただきまして、別のテーブルに作品を移動しました。

おかげさまで、売り場の真ん中あたりにスペースを取ることができたため、皆様に見ていただけました。

とても嬉しかったです😊

特にマスコットは、たくさんのお子さん達に見てもらえまして。

遊び始めるお子さんもいて、微笑ましかったです。

小さい子から大人まで、楽しく遊べる愛らしい作品を、作っていきたいなと思います。

博多阪急イベント写真

作品へのお問い合わせについて

こちらの作品へのお問い合わせは、お問い合わせページからお願いします。

作品の注文方法につきましては、ご注文の流れページから、ご確認くださいませ。

これと全く同じ作品を作って欲しい、同じイメージで作って欲しい、違う動物を作って欲しいなど、お気軽にお問い合わせくだされば、お返事させていただきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.