この時期にいつも開く絵本は、ビロードのうさぎ。

もうクリスマスは過ぎましたが、この時期にいつも開く絵本があります。それは、

「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ原作 酒井駒子 絵・抄訳 ブロンズ社なんです。

ビロードのうさぎ

クリスマスプレゼントにぼうやがもらった、うさぎのぬいぐるみが主人公です🐇

ぼうやととても仲良しになって、一日中一緒に過ごす、うさぎさんなんです。

大切な宝物は、誰にでもあるもの。

子供には、かけがえのない宝物があったりしますよね。うちの孫の場合は、生まれてから体にかけていた、ガーゼが手離せないようでして💦

まるで、スヌーピーのお話に出てくる、ライナスみたいです🎃

それでもいつかは、卒業する日が来るんですよね。そう言えば子供達も、ぬいぐるみが好きでした。

私が子供の頃に大切にしていたのは、パンダのぬいぐるみでした。パンダが昔、ブームになった頃ですね🐼

高校生の時には、物置にしまってあったなーと記憶していますが、もう無いんでしょうね💧

このお話のうさぎさんとぼうやは、あそぶ時も、寝る時も、いつも一緒でした。

が、ある時。それができなくなる時がやってきます。そして、うさぎさんはどうなるのでしょう…。

この絵本には、寂しくなってしまうシーンもありますが、いろいろ考えるには良い、大人向けの絵本かもしれませんね🤵

酒井駒子さんの絵が大好きです。

私は酒井駒子さんの絵が大好きで、何冊か持っています。

小学校で、読み聞かせに使うことはあまり無かった絵本ですが、卒業が近い高学年でしたら、読んでもいいんじゃないかな?と思います。

読むたび変わる、感じ方。経験がなせること。

小さかった時のいろんな体験が、蘇えることがありますよね。

大人になってから、あ、あの時、もしかしたら、こうなっていたかもしれないなあと、感じ方が変わる時がありますが、年齢や経験で、ものの見方が変わるように、この絵本を読んでみると、そんなふうに感じることがあるかもしれませんね🌸

クリスマスがお話に出てくる絵本は、たくさんありますが、タイミングが合わないと、なかなか読み聞かせで読むことはなかったりします。

でも、例えば一人で過ごす夜に、美しい絵を見ながら読むのも、良いと思います🍷

私はクリスマスケーキを食べてから🍰 一人開いて見ていました。

何度も読んだはずなのに、なぜか、毎回感じることは変わっているような気がします。

これも年齢・経験・そして成長。それで感じる部分が、変わったのかもしれませんね。

私はこの一年間、何年か分とも思えるような、大きな経験をしてきました。その積み重ねが、見る目を変えたのかなあなんて思う、クリスマスでした🎄

図書館や本屋さんで見かけましたら、是非開いてみてくださいね。素敵な絵本ですよ。

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook