LINEで送る
Pocket

衣替えは、お店から始まりますね。ハロウィングッズも。

お盆休みが過ぎましたら、お店に置いてあるものが衣替えになりますね。

以前はハロウィングッズとかは、あまりありませんでしたが、最近はこの時期になりましたら、100均ショップにハロウィンの扮装グッズや、秋物が出始めて。

早速ダイソーに行きましたら、やはり店先にはハロウィングッズが見かけられて、私が昨年作ってみた、マスクをしたパンプキンの羊毛フェルトキットがありました🎃

これから増えるんでしょうねー。

秋冬の極太糸、「あむころ」を見つけました。

手芸コーナーに新しい糸があるかな?と見ていましたら、やはり秋冬用の糸に変わっていまして。

私は初めて見たんですが、モコモコなぬいぐるみに使うような起毛素材の、極太の糸を見つけました💡

ダイソーの「あむころ」

あむころ」という糸で、かぎ針でしたら、8~10ミリを使うようです。

保冷剤入れを作ってみようかなと。

ふわふわな感触なので、なんか使えないかなと、しばらく考えていました🤔

こちら九州はまだ暑いので、夜寝る時に頭を冷やすことがあるんですね。

もしかしたら、この糸で保冷剤入れを編んだら、気持ち良いのではないかなと思って、かぎ針で袋を編んでみました。

かぎ針で編んだ袋

「あむころ」は、一巻きが40グラム。「カフェラテ」の色を選んで。

「あむころ」は、一巻きが40グラムです4⃣0⃣🇬

巻いてある紙にネコの絵が描いてありまして、それが可愛いんです(笑)

色によって、絵が違うみたいですね。

まだ一種類しか買っていませんが、お店に行かれた際には、見てみると楽しいかも😊

ネコみたいな肌触りということでしょうか🐱

私が行ったお店には、まだあまり種類が無かったんですが、今回は優しい色合いの、「カフェラテ」を選んでみました。

ピンクとブラウンのグラデーションの糸です。

ネットで「あむころ」を検索しましたら、手編みのバッグが人気みたいですねー👜

肌触りが良いですから、ターバンとか、帽子も可愛らしいと思いますが、色が淡いのが多かったので、大きめの店舗で他にどんな色があるか、探したいと思っています。

袋状に編んで、出し入れしやすいようにしました。

それでうちによくある、食品用の保冷剤のサイズに合わせて、袋状に編んでいきました。

食品用の保冷剤

「あむころ」の氷枕カバー

少しマチをつけてあります。

入れ口をどうしようかな?と考えましたが、夜寝る時に氷枕みたいに使いたかったので、片側を少し長めにしただけで、特にボタンとかスナップとかは付けずに、出し入れしやすいようにしました🙂

冬場でしたら、湯たんぽ入れにも良いかもしれませんね。

朝まで氷枕のようにしてみたら、いい感じでした。

ボリュームがある糸なので、保冷剤の温度が程よく伝わり、朝まで使いましたが、枕がびしょびしょになることはありませんでした。

中はもちろん濡れていましたが、昼間裏返して、乾かしたら良いですね🌞

洗濯する時は、手洗いが良さそうです。

実は編んでいる途中にサイズを直したくなりまして、解いてみたのですが、糸を引っ張っていたら、切れてしまいました^^;

注意書きを読みましたら、場所によって太さが違うことがあるそうで、多分細めな部分が切れたんでしょうね。

「あむころ」一個半で、大きめサイズの保冷剤が入るものが出来ました👌🏽

編みぐるみを作ってみたいので、材料揃えをする予定です。

触り心地がふわふわで気持ち良いので、編みぐるみにしたら良いかな?と思い、沢山見つけた時には材料を揃えようかな?と考えています。

ペットボトル入れにも良いかもしれませんね👍🏽

可愛らしい色合いなので、お子さん向けにいろいろ編めそうです。

今人気の、裂き糸みたいな糸がありましたが、毛糸はまだあまり種類が無かったので、もうしばらく待ってみたいと思います⏰

他にも試行錯誤で編んでみているものがあるので、糸や羊毛フェルトなどのいろんな素材で、マスコットも作っていきたいですね。

ダイソーで見つけたモコモコ糸。「あむころ」で、氷枕入れを作ってみました。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook