LINEで送る
Pocket

孫との時間は、愛おしく。初めての共同作業?(笑)

先日のお知らせに書きましたが、2人目の孫が先週無事産まれました👶🏽

出産を控えた娘と孫が、しばらく我が家に滞在していましたが、娘は予定通り先週末退院して、孫も自宅へ、2週間ちょっとぶりに戻りました。

子どもの声が聞こえなくなった我が家は、ちょっと寂しいですね💧

孫が滞在中も、孫が寝ている早朝や夜に少しずつ作業をしていましたが、糸や羊毛がある部屋は、2歳の孫には新鮮だったかもしれません。

ニードルや工具などは危ないので、昼間は片付けていましたが、時々編み物作業をしていましたら…。

やはり、興味津々✨

編み物

私から糸と、かぎ針を取り(笑)

私の真似をして、毛糸の中に、かぎ針を通しては落としていました😊

そのうち、糸を引っ張り、ほどき始めまして^^;

孫が起きている間の作業は断念しましたが、面白いものですねー。

毛糸の中をかぎ針が通ったら、私と同じ作業をしていると思ったようで、ご満悦でした👃🏽

かぎ針が落ちるのが、面白かったようです(笑)

孫は男の子なんですが、興味を持ってくれたのは嬉しかったですね。

言葉を覚える時期に、一緒にいられて良かったなー。ふわふわ。

羊毛フェルトの作業は危ないので出来ませんでしたが、羊毛が入った袋にも、興味津々⭐

袋から出して、羊毛を触りながら、「ふわふわ~」らしきことを(笑)話していました🙃

感触を楽しむのは子どもだけでなく、大人になっても、ふわふわな物には癒されますね。

私が編んだ編みぐるみも、ソファの上に何体かありましたが、目を触ったり、手を引っ張ったり🖐🏽

そんなことが、これからの製作の参考になったりします。

ボタンや刺し目は、やはり気になって触っていました👶🏽

女の子なら、抱っこする振りをするんでしょうねー。

娘が初めてお人形を抱っこしたのは、確か、一歳を過ぎた頃でした。

不思議なものですね。

おままごとや、お絵かき。いい思い出に。

娘は手先が器用なので、孫のおままごとおもちゃをフェルトで作ったり、ミニキッチンセットを、箱や100均グッズで作っていました。

ガスレンジや流しまで、本物に近いように作っていたので、びっくりでした😮

孫が、私の手を引いて(笑)

おままごとしようよ(笑)みたいに、誘われていました😄

息子は絵を書くので、孫とのお絵かきが沢山増えましたね。

孫とのお絵かき

みな、ハンドメイドです。

本当に、いい思い出になりました。

いつか孫に話せたらなと思います。

孫の帽子が編めたら。愛の物語かな💦

孫がいなくなって少しずつ、道具類の場所を戻していますが、習慣とは面白いもので、みな高い場所に置く癖が残っていて、一人で笑いました(笑)

また新しい命が生まれたので、歴史は繰り返し、何か作りたくなるんでしょうね。

前に編んだ帽子が小さかったので^^;

孫の帽子が編めたらなと思っています。

子どもたちから、いろんなことを教えてもらっているような気がしますね、ありがとう。

来年も初節句になります。

吊るし飾りも増やしたいですね。

ハンドメイド、幼児がいる生活。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook