パノラマを、作ってみたいんです。子供の頃の記憶。

私の夢の一つに、羊毛フェルトに限らず、パノラマを作りたいというのがあります。

それは、子供時代から工作が好きだった私が、作りたいものでした。

親が買ってくれた、工作のセット本を開いては、眺めるのが好きでしたねー📕

それには写真がなくて、カラーのページもありませんでした。作り方が図解で書いてあって、紙を使ったり、段ボールを使ったりしたものなんですが、やはり古い時代のものって感じで(笑)

今みたいな時代だと、ちょっと考えられないような構成かな?と思います。

その中で実際に出来上がったものは少なかったのですが、本を開いては、どうやって作ろうかと考える時間が、私は好きでした😊

雑誌の付録って、昔からいろいろありましたよね。その中にあった、お人形さんのための、簡単な飛び出すお部屋みたいなのが、お気に入りになりまして😍

自分でも紙を半分に折っては、ハサミでチョキチョキしながら、ベッドや窓、ドアを作り、持っていたお人形さんで、妹と遊んでいました(またやらないか👯)

私は女の子でしたが(笑)電車のおもちゃがあって、その中に書いてある人を見るのが好きでしたね。

いろんなお客さまが乗ってるその電車を、見ているだけで楽しかったのを覚えています🚋

父との思い出。汽車の見送りお出迎え。

子供の頃に、父が岩手の釡石に単身赴任していた時期がありました。毎週末になると、汽車で盛岡まで帰って来ましたので、駅に迎えに行ったり、見送りに行ったりで。

大きな汽笛の音に怯えながらも、行き交う汽車を見るのが楽しみでしたねー🚃

そんな景色を見るのが好きだったからなのか、電車のおもちゃも好きなのかもしれません。今は、精巧なのものが、いっぱいありますよね。

私の子供達が、電車やレールのおもちゃで遊んだ後、片付けるのが惜しかったのは、私の方かもしれません🙃

今になって思うと、子供の頃の経験って、それからの人生に与える影響が、とても大きいのだと思います。

自分が今見ている夢の土台になっているのが、その頃の経験なんでしょうね。

箱庭とも、言えるかもしれません。ワクワクの光景。

ミニチュアのドールハウスを作られる方がいますし、日本の文化ですと、盆栽や盤景がありますよね。

小さな中に景色や家の風景を作る時、羊毛フェルトや粘土を使ってみたいなと思っています。もっと広い景色を作れたら、楽しいだろうなあと。箱庭みたいなものでしょうか。

ずっとずっと、心の中に秘めていたものです🍎

ワークショップをした際に、いつも感じていましたが、みんなで作ったマスコットを並べただけで、物語ができるような、ワクワクした光景になっていました。

周りには、お茶があったり、材料が転がっていたりと、作り上げたものではありませんが、それだけでも楽しくて。

写真を見ると、その時の賑わいが蘇ります☺

夢はどんどん広がっていきます。絵本の世界かも。

イベントの際、私が作品を置く場合は、ささやかなことになりますが、物語のワンシーンを思い浮かべながら、木の実や花を置いたりして、簡単な景色を意識するようにしています。

エンドレスストーリー

作っているものが生き物の動物さんだったり、キャラクターがあるマスコットだったりしますから、そこには表情があります。単なる置物ではないので、物語を意識するようになるんでしょうね。

景色をちゃんと作る中で、マスコットに役割を持たせて、絵本のワンシーンみたいにしたら、作るのが楽しくなりますねー❤

いろんな方と一緒に作ることができるんじゃないかな?とか、季節によって、場面を変えていけるなとか。

心の中の景色は、どんどん広がっていきます🏞

作品ひとつひとつは、コツコツ作るものですが、それを集めたら、世界が限りなく広がっていくんだなと思いました。

ワークショップを開いたり、それをいろんな方に見ていただくこと。そして、それを絵本みたいにできたなら。

世代を問わず、みんなで楽しめるだろうなあと、更に更に(笑)限りないエンドレスな夢が広がっていきます🌟

何気ない日常にも、物語があります。

部屋を見渡したら、何年も前から作ってきたマスコットがあったり、お知り合いさんからいただいたマスコットが飾ってあったりします。

部屋の中だけでなく、お散歩で広い場所に出てみれば、空、山、海、住宅街に、道や線路。いろんな景色が目に入ってきます🌞

そこでは、いろんな出来事が起きていて、どんな場所、どんな世界にも、物語はあるんですよね。結婚式があったり、学校では子供達が歌っていたり。

ふと見る景色の中に、素敵なストーリーが展開されています。

私が経験したことは、狭い世界の中ですから、まだまだ修行が足りません🌳

たくさんの人達と、未知の世界を作り上げていけたら。私の足りない部分を補ってくれて、新しい発見もあって。

きっと、楽しいだろうなーと思います。それも夢です。

子供達を見て、夢が広がる。

うちの子達は、ものづくりが好きです。お絵かきをしてるかと思えば、模型を作っていたり。

娘はそんな経験を、大人になってから、仕事に生かしていました。それは大変な作業ですが、誰かの夢を形にする仕事は、素敵だなーと思っていました。

子供達の様子を見ていたら、私の夢も広がり始めました⭐

先日、フェイクフラワーを使ったアレンジを教えていただいたのは、そんな夢のためでもありました。

ウェディングドールのための花の景色になりましたが、入れ物の小さな世界にも、大きな夢を描くことが出来ますよね❤

フラワーアレンジも、空間を彩る素敵なハンドメイドだなと思いました。

小さな世界から広がる、限りない未来や夢や。

そのためには、スペースも要るわけですが、それは必ずや到達したい夢です。

今は狭い部屋の中での作業になっていますが、小さな景色を少しずつ、集めていきたいなと思っています。

写真は、そんなイメージを広げて作った、イベントのレイアウトやマスコットの光景です。

そのためにも、これからもいろんな場所の景色を見ていきたいですね。日々勉強です🖊

これからもお散歩記事を含め(笑)

いろいろ書いていきますので、是非お付き合いくださいませ🙇🏻

心の中の景色

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook