LINEで送る
Pocket

電車のIDカードを入れるため、バネポーチにチャレンジ。

朝一の日差しの強さで、目が覚める夏になりました🔆

毎朝起きると、今日は何の作業からしようかな?と考えますが、そういえば、作りたいものがあったなと思い出しまして。

これまで、手縫いのがま口やファスナー付きの入れ物、バネポーチなど、教えていただきながらワークショップで作ったことがありましたが、なかなかやらない縫い物は、手順を忘れがちですね^^;

電車のIDカードを入れるためのバネポーチを作らなくてはなと、手芸屋さんでバネ口のパーツを買っていました。

バネ口のパーツ

大事なIDカードは、そのままバッグに入れたりポケットに入れて、無くしたり傷つけたら困りますよね。

使い勝手が良くなるように、バッグに付けられるコンパクトなバネポーチを作ろうと、かねがね思っていまして。

うちにあった布をまたガサゴソしますと、かなり前に買っていた布が、そのままになっていまして。

これは、使うチャンスだなと💡

作り方をネットで調べながら、チャレンジしてみました。

作ってみると…。あははは^^; ズレたり、バラバラだったり^^;

苦手な縫い物ですが^^;

なぜ苦手かといいますと、型紙通りに切れないんですね💦

中学生の時からそうでして、型紙が要らないようなものは縫っていましたが、布を切るのが、まず苦手でした。

今回はカードを入れるためなので、なるべくサイズが合うようにと。

四角形だけでしたが、一応型紙を作ってから、表と裏に使う布を選んで切りましたら…。

案の定、ズレましたが^^;

布を切りながら調整しまして、まずは、表側から。

表に使ったのは、アランジアロンゾの、わるもの(笑)のプリント布を。

悪そうで、可愛いんです🕵

アランジアロンゾの、わるもの

もう、10年位前に買ったんだと思います。他にもあるんですよ😊

娘が小学生時代によく、アランジアロンゾのフェルトのマスコットを縫っていました。

私は出来ませんでしたね💦

パーツが小さいんです。

娘の方が手先は器用だったなーと。

私が作ってほしくて、リクエストしたりしていました(笑)

裏にはキャンバス地があったので、丈夫にするために選んでみました。

裏地

裏布が表をくるんで、バネをはめる感じです。

縫い目が不揃いなのは、我が家にミシンが無いからです^^;

といいますか、私が不器用だからですね(笑)

みな手縫いで頑張りました💪🏽

が^^;

表に見えるブランケットステッチが、バラバラですね💦

バッグにつけるための紐用に持っていたカラフルなテープを、輪にして端につけました。

一応(笑)完成

それでも完成しました(笑)次は羊毛フェルトで作りたいです。

どうにか思うように出来て良かったですが、やはり、型紙から間違っていたようです^^;

寸足らずになった縫い代がありましたが、ボンドも駆使して(笑)

どうにか、使えるようになりました👌🏽

これで作り方がわかったので、羊毛フェルトでも作りたいですね。

これに紐を付けたら、バッグに付けられます。

組紐を長く作って付けても良いですねー。

勉強になりました🖊

やはり、復習は大事です(笑)

手縫いだけでも、小物はいろいろ出来ますから、時々は縫い物もしたいと思った夏の日でした。

手縫いのバネポーチを作ってみました。復習は大事です(笑)でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook