LINEで送る
Pocket

リニューアルオープンした、福岡市美術館が気になっていました。

2年半の間、リニューアル工事のため閉館になっていた、福岡市美術館が3月に開館になりました。

そんな長い間、閉館になっていたんですね。

時の流れは長いようで、あっという間だったりするなと思いながら…。

工事中は白い塀で覆われていて、中はどんな風になっているか、とても気になっていました🧐

2017年の秋には、私が大好きな絵本作家の荒井良二さんが、子どもたちと壁画のワークショップをされて、しばらくカラフルな壁画が展示されていました。

ワークショップの楽しそうな様子を拝見していたので、新しい美術館へのワクワク感がさらに増しましたね😍

お子さんたちも、楽しみになったのではないでしょうか。

大濠公園の散歩の際に、美術館にも行ってみました。

リニューアルオープンされてから、まだ訪れていなかったので、お天気が良くなった週末に、大濠公園を散歩がてら、美術館にも出かけてきました。

福岡市美術館

暑さが続いていた初夏でしたが、この日は雨の後で風が心地よく、葉が繁ってきた木々と青空を見るのは、とても気持ち良かったですね❤

葉が繁ってきた木々と青空

いい気分転換になりました😊

私には大事な、お散歩の時間なんです。

オブジェのような作品に、また出会えて。

リニューアルと言いますと、外観がかなり変わったのかな?と思っていましたが…。

入り口の階段の辺りが変わっていましたが、周りに置いてあったオブジェのような様々な作品に、また出会えまして。

入り口付近とオブジェ

嬉しかったですねー😊

草間彌生作の「南瓜」。

有名なのは、草間彌生作の「南瓜」ですね。

黄色に黒のドットが描かれている大きな南瓜は、一際目を引きます。

写真を撮っていらっしゃる方が沢山いらして、残念ながら写真はゆっくり撮れませんでしたが、美術館側から大濠公園の様子を、何枚か撮ってみました📸

また改めて、写真を撮りに出かけたいですね。

バリーフラナガン作の、「三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ」。

私が好きなのは、バリーフラナガン作の、「三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ」です。

躍動的な野うさぎの姿を青空の下、また見ることが出来ました👍🏽

バリーフラナガン作の「三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ」

前川國男の設計の建物は、その姿を残していて。常滑焼の磁器質タイルも、素晴らしく。

福岡市美術館は、近代建築の巨匠と呼ばれている前川國男の設計なんですが、その建物をそのまま残しながらリニューアルしたのが、素晴らしいなと感じました。

建物は全体的に煉瓦色に見えますが、常滑焼という磁器質タイルが使われているようで、よくよく見たらタイルには光沢があって、微妙な色のバリエーションでしたねー。

調べてみると、このタイルは雨風に強い性質なんだとか。

長年色褪せる事無く、美しい姿そのままに、美術館周りと中の施設のリニューアルをしたようでした。

日本全国の美術館のパンフレット、美術展の案内葉書が素敵でした。

中に入りましたら、日本全国の美術館のパンフレット、美術展の案内葉書が沢山置かれていて、パソコンでも検索出来るスペースがありました。

葉書を見ているだけで、絵画鑑賞をしてるみたいです❤

キッズスペースは畳。癒やされます♡

以前娘と孫が訪れた際に、キッズスペースが新しくなったことを知って、私に教えてくれました。

靴を脱いで過ごせる畳のスペースがあって、美術にまつわる絵本が沢山置いてあり、周りの壁には、可愛らしいクッションがありました😊

畳があるっていいですね。いい香りにも癒されます👍🏽

所蔵品を元にデザインされたクッションで、私も遊びたい(笑)

このクッションは、所蔵品を元にデザインされているそうです。

そして、マグネットで壁にくっつけることが出来ます。

マグネットで、壁にくっつけられるクッション

花火や葉っぱのクッションもあるんですが、ぴょんぴょん飛びながら、クッションを高い場所にくっつけようとしているお子さんたちがいました。

楽しそうだなーと、微笑ましくなりましたね☺

私も飛びたい気分でした(笑)(出来ませんが^^;)

親御さんは、ソファスペースで。見渡す環境も素敵で。

すぐそばには外が見えるソファスペースがあって、親御さんは、そこでゆったり過ごせます。

ガラス張りで、エントランスの景色が見渡せるのがいいですね。

外の景色

「モネ展」を思い出して。

今回は中の展示室に入りませんでしたが、4年前に訪れた、「モネ展」を思い出していました。

有名な「睡蓮」の作品を見られたんですよね。

いながらにして、世界中の作品が見られるのはありがたいです。

これから開催される展示会のパンフレットが沢山置いてあったので、みんな(笑)いただいてきました😜

来年開催の、「大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演」に行きたいな。

個人的には来年早々開催される、「大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演」が気になっています。

世界中から作品が集まるそうで、日本人としては、間近で見たい浮世絵ですね。

今回はざっと、美術館の外側を見た感じでしたが、周りの花壇では、向日葵を育てている様子が見られました🌻

向日葵

また花が開く頃に、避暑もしながら、ゆっくり作品を見に来たいですね。

リニューアルされた、福岡市美術館にお散歩。素晴らしいものに触れる、ありがたさを感じて。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook