LINEで送る
Pocket

北海道の思い出。

しばらく天気予報に、傘マークがついている、こちら福岡です。

半袖で歩いてる人は、もういません。たぶん私が、最後でした(そうなのか🐷)

さすがに、衣替えしなくちゃです😝

雪の時期には、みんなで手作り。

我が家は転勤族なんですが、北海道に6年住んだことがありました⛄

雪の時期が長いですからね。まだ子供たちは幼い頃で、雪で外に出られない時期が長く続くと、近所のお友達が集まって、お菓子を作ったり、うどんをこねたり(笑)お漬物をつけたり。

いろんな手作りを、楽しんでいましたねー。

友達の家との行き来には、手作りのお菓子が定番でした🍩

我が家にまだオーブンがなかった頃は、トースターでクッキーを焼いて、持参していたこともありましたね。あとは、蒸しパンとか。

オーブンが無ければ無いなりに、どうにかなっていましたね。

オーブンがある今は、作っていなかったり(おい😅)

お友達とお互い、レシピを交換していましたが、その頃のピザのレシピが、引き出しにあったりします。

それを見ながら、あの頃のことを思い出しています。懐かしくなりますね。

長い冬には手芸もやりましたが、お菓子作りを含めて、いろんな経験ができた貴重な時でした。

クリスマスの思い出。部屋を飾るのは、子供時代から。

私は本屋さんに通うのが、昔から気分転換のひとつでしたが、クッキングや手芸のコーナーに、よく寄っていました。

「私のカントリー」とか、「コットンタイム」などのハンドメイドの雑誌を見ていたのも、その頃からでした📕

縫い物は苦手で^^;あまりやっていなかったんですが、それでも家の中で過ごすことが多かったので、初めてパッチワークのキットを買ってトライしたのが、クリスマス前の秋でした。

二人目の子供が生まれてから、ホビーラホビーレの、パッチワークのクリスマスツリーキットを買ってきまして🎄

子供たちが寝てから、暗闇の中で縫っていましたね。

目には良くないのでしょうが、起こさないように、そうしていたんでしょう。遠くのキッチンの、灯りを頼りに縫っていました。

そして、クリスマス前になったら、部屋中を飾るのが定番になっていきました🌟

たぶんそれは、自分の子供時代の体験から、そうしてみたかったんだと思います。

小学生の頃に、アパートに住んでいた時の話ですが、父がどこかから(笑)本物のもみの木を持ち帰り(どこなんだ😱)

それに飾りを付けたり、部屋の電灯にセロファンをつけたり、色紙で飾りを作ったり🎄

ダンボールいっぱいに、モールや、カレンダーの絵を切り抜いたものなど、クリスマスの飾りが入っていた記憶がありますね。

それを家じゅうに飾るのが、寒い時期の思い出のひとつです。

私のカントリーとコットンタイム。

本棚をがさごそしていましたら、北海道にいた頃の雑誌がまだありました。

私のカントリー&コットンタイム

この写真の、「私のカントリー」と「コットンタイム」は、最近のものですが、ハンドメイドの雑誌を開いては眺めるだけでも、楽しかったりします。

今は図書館で雑誌を見ることができて、環境が良くなったなーと思います。

最近はキットが付録についていたりして、便利になりましたよね。作ってみたいもので、いっぱいです😊

しばらくあまり読んでいませんでしたので、これから新しいものを作る前に、眺めてみようかなと。そこで、ペラペラ。

ハンドメイドもバラエティに富んできていて、読者の皆さんのアイデアに感心しますねー。縫い物の本にも、編み物や羊毛フェルトの作品を、見かけることがあります🐏

ネットから、作り方やアイデアも見られる現在ですが、型紙や編み図などが書いてある本は、やはり便利で、貴重なものかなと思いますね。

秋の一日は、ゆっくり過ぎていきます。

と、眺めていましたら、あっという間に時間は経ちまして。

我が家には、受験生がおりますので、そちらの方を横目で見ながら(笑)

そんな時間も、秋には大事と言えばいいのでしょうか、必要だよねと思ったりします。

ありがたくいただいております、オーダーを作りながら、ひつじさんの物語を少しずつ作っていきたいなと思う、秋の一日でした🐑

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook