LINEで送る
Pocket

3年前に作った、懐かしいお人形さんのお話。

ただいま、可動式の着せ替え人形を作っていますが、写真アルバムを見ていたら、3年前に作ったお人形さんの写真を見つけました。

絵本の思い出は、親子共々。「みにくいあひるのこ」や、「くまのプーさん」。

私は子ども時代から、絵本や、雑誌のおとぎ話を読むのが好きでした❤

印象に残っているのは、キンダーブックや、大きな絵本シリーズです。

ディズニーの「みにくいあひるのこ」や、「くまのプーさん」の絵本を持っていましたねー。

毎週のように、本屋さんに行くのが習慣になっていましたが、絵本や図鑑は、シリーズで買ってもらっていました。

今、親になった身で考えると、ありがたいことだなーと思います。

幼稚園に入る辺りまでに読んだ絵本は、印象に残るものですね。

子どもたちと、時々絵本について話すことがありますが、小さい時に読んだ絵本のことを、忘れていないようです。

私も、子どもが小さかった時は、最初はどんな絵本を選んだらいいかわからずに、シリーズで買ったりしていました。

今でもその絵本はあるので、読み聞かせにも使えたりしています。

若い時に読んだ文庫本の小説は、忘れているのもありますが😜

絵本は、不思議に忘れませんね。

挿絵があるからかもしれません。

「すずのへいたい」のワンシーンをイメージして、箱の中に、バレリーナのお人形を入れて。

そんな絵本の中に、アンデルセン作の、「すずのへいたい」がありました。

作品集5の75.で紹介しましたが、Amuletさん主催のイベント、「絵本と雑貨の森の中」のために、「すずのへいたい」の中に出てくる、バレリーナを作ったんですね。

バレリーナの人形

絵本のワンシーンをイメージして、箱の中に物語の世界を作ってみました。

こちらのバレリーナは、自立しないんですが、中にはワイヤーを入れてあります。

衣装は、体に羊毛で色付けしましたので、着せ替えは出来ませんが、バレリーナの雰囲気を作るために、チュチュを編んで、くっつけてみました。

お顔の表情を見て思いましたが、以前はこんな風に、瞳にいろんな色を入れながら作っていましたねー😊

バレリーナの人形

髪の毛には雰囲気のある、カールした糸を使っていました。

ファンタジーの世界のお人形を作る時には、ずっと使っていた糸です。

今回製作している着せ替えのお人形は、遊べるものにしたいです。

今回製作している着せ替えのお人形は、遊ぶことを考えて作っているので、雰囲気がかなり変わりました。

着せ替えのお人形

体の作り方も前とは変わり、体全体のバランスに注意するようにしています。

前に作った「あんちゃん」みたいに、ポーズを変えられるって楽しいなと、私が遊んでいるので(笑)

ひとつのお人形さんで、いろんなシーンが作れたら、物語みたいになるなと思いました😊

四季を通じて、遊べるようなお人形さんを増やしていきたいですね。

毎回、衣装を考えるのも、楽しみのひとつなんです🙂

小さめのお人形さんを沢山増やして、お友だちでいっぱいにしたいですね☺

男の子も、作ってみたいです。

お人形さんたちと、いろんな場所にお出かけするのが、夢のひとつ。

お人形さんたちと、いろんな場所にお出かけしたいですねー✈

水着は、作っていませんが(笑)

砂浜にお出かけも、いいですね🏖

お人形共々、日焼け対策をして☀☂

お出かけしたいと思っています。

絵本「すずのへいたい」から飛び出したお人形は、バレリーナ。沢山のお人形を作っていきたいです。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook