LINEで送る
Pocket

帽子のサイズ調節。「すべり」を知る。

昨日ブログにアップした、編んでいる夏帽子。

夏帽子、その後。いいものを、届けられるように。

まだ完成ではないのですが💦

夏帽子

こちらの帽子はきっちりした作りなので、冬のニット帽とは違い、お客様のサイズにぴったり合うかは、被っていただかないとわからないのがあります。

そこで、いろんな市販の帽子には、サイズの調節機能が付いているなと思い、調べてみました。

帽子の中には、頭周りに当たる場所に縫い付けてある、「すべり」という布がありますね。

「すべり」と呼ぶことを知ったのも、初めてでした🔰

サイズが大きかった場合に、そのすべりに付けられるテープがあるのがわかりました。

つまりは、すべりの内側にクッションを入れて、頭にフィットさせるものらしいんですね。

その他にも、汗を吸い取るグッズとか、いろんな物が売っているようでして。

今は、ネットでそんなことを調べられますから、とても助かっています😊

「すべり」を探しに、手芸屋さんへ。

そこで、「すべり」は売っているのかな?と、手芸屋さんを覗いてみました👀

確か、手作りの帽子用のグッズはあったなと、思い出しまして💡

ありました!

帽子の色に合わせられるように、「すべり」が何種類かありました。

また、それに付けられる、調節用のテープもありましたよ👌🏽

「すべり」を帽子に付けていたら、万が一サイズが大きい場合は、調節用のテープを付けられます。

勉強になりました🖊

すべり 調節用テープ

帽子を編む勉強になっている毎日。経験を重ねて。

ふと、子どもたちが被っていた、幼稚園の夏帽子を思い出しました。

私もおそらく被っていたと思いますが、麦わらみたいな帽子に、リボンの飾りが付いていましたね🎀

子どものものこそ、サイズってなかなか合わないですよね、成長しますし。

我が子は頭が大きくて、一番大きなサイズでしたが、なぜか(笑)横はスカスカだったんです(笑)

子どもの帽子はゴムが付いていますから、脱げることはほとんど無かったんですが、大人はそうはいきませんから、サイズがぴったりのものを見つけるのは、至難の技だったりします。

私もなかなか合う帽子が無かったのがあって、自分で編むようになりました。

今回買ったすべりを、編んでいる帽子に付けてみたいと思っています。

それで合ったら良いですし、大きかったら、テープを付けたら良いですね😊

テープは、接着出来るようになっています。

付けないに越したことは無いですから、合うことを祈ります🙏🏽🙏🏽🙏🏽

今回みたいな夏帽子を編むのに、良い勉強になっています。

材料の糸は、いつも同じ物が手に入るとは限りません。

やはり、経験ですね。

使う糸、針、編み具合によって、サイズは微妙に変わりますから、勘に頼りながら編むことになりますが、それは、経験の回数によるのかなと。

また、作りたいサイズによって、段数なども変わりますから、次は自分用も編んでみて、慣れていきたいですね❤

帽子の便利グッズ。「すべり」と、調節用のテープ。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook