手作り再開の頃を思い出す糸は、宝の山。

寒くなってきましたねー☃

それでも、何年か前よりはあったかに感じる冬休みでしたが、寒さ本番はこれからです。

毎日子供の幼稚園の送り迎えをしていたのは、もう10年位前のことになりますが、寒くても暑くても、毎日子供と歩いていた頃は、今よりは季節を感じていたのかもしれません。

私が手作りを再開したのが、末っ子が幼稚園に行き始めた10年位前でして、始めは子供や自分のために、マフラーを編んだり、帽子を編んだりでした。

まずは編み物からが、再開の第一歩▶

その時は、昔は見たことがないような、素敵な糸がたくさん販売されていまして、糸探しがとにかく楽しかったんですよね。

未だに、その頃から集めていた糸が、棚に所狭しと並んでいます。

更にありがたく、いろんな方から糸をいただくことがありました。

棚を見ると、いろんな種類の糸があるものだなと思います。これはまさに、宝の山ですね🎁

初めて編む、レッグウォーマー。

編んでいるレッグウォーマーは、実は初めて編むものでして、使ったことも無いんですが、果たしてサイズが合っているかは、できるまではわからないんです^^;

時々足にはめてみては、ニヤニヤしています(笑)

ランダムに糸を変えているのは、いただいた半端糸が無くなったら、次の糸に変えているからなんですが、それがちょうど良い色合いになりまして。

これからどうなっていくかも、楽しみです❤

模様みたいに見える箇所は、何本か引き揃えている糸の色が出た場所で、たまたまなんですね。

編みながら、どうなるかわからないのも楽しくて、こんなランダムな編み物が好きです💋

この色合いを見ながら、こんな帽子があっても楽しいだろうなとか、ベストも欲しいなとか。

色は本当に、不思議な力がありますね。

ポンポンをふたつ合わせたワンちゃん。

上にちょこんと置いてるのは、ニット帽を編んだ際に、いくつか作ったポンポンをふたつ合わせて、一応、ワンちゃんにしたいものです🐶

レッグウォーマーオンポンポンワンワン

お耳がまだついていないんですが、どうしようか迷っています。

顔はほとんどカットしていませんが、こんな風に、目が隠れそうなワンちゃんっているなと思いまして、これも可愛いかな?と、マズルだけ付けてみました。

マズルは、羊毛をチクチクしたものなんです🐏

ポンポンで作ったら、植毛したみたいな、フワフワに最初からなりますねー。

これは毛糸を使っていますが、羊毛を使ったら、本当に植毛したマスコットみたいに見えるでしょうね。

そんな糸を使いながらの作業もしつつ、ありがたくオーダーをいただきました、マスコットも作っていきます😊

作りたいもので、いっぱいです。

昨年作ったひつじ星人に、毛糸のパンツが編めなかったので👙

本当は編んでみたいんですが、季節は流れて、あっという間に春になりそうです。季節の巡りは、早いものだと実感します。

春はお雛様があるので、今年のお雛様は、ワンちゃんで作ってみたいですね。

お雛様に、自分が持っているお人形やぬいぐるみを、階段に並べた思い出があるので、そんな風に並べて、お店ができたら楽しいかもしれません。

色はやはり、魔法。世界にひとつだけの作品を、これからも。

私がよく行くお店では、季節ごとに、きれいに飾りつけがされています。

それは、みんな昔から集めていたり、もらったりしたものなんでしょうが、それを眺めるのが楽しみで、おしゃべりに花が咲いたりします🌻

絵みたいに、眺めているだけで、気持ちが高揚したり、癒されたり。

本当は花や動物とか、本物がそばにあったら良いのでしょうが、その代わりに人が生み出すものも、なんらかのパワーがあるんでしょうね。

オーダーのお客様から、世界でひとつのものとおっしゃっていただきまして、私がやっていることは、素敵な作業なんだなと、つくづく思います。

今年も世界でひとつだけの、大切なものが作れたら良いなと、気持ちも新たになる、年の始めの作業時間です☺

贈り物を送る機会や、いろんな節目のイベントが増える春ですね。

これまでアップして参りました作品集に、お気に入りが見つかりましたら、お気軽にメールフォームからお問い合わせくださいませ🙇🏻‍♀️

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook