羊毛フェルトのブックカバーを、作ってみたかったんです。

前から作ってみたかったものがありまして。

羊毛フェルトのブックカバーって、寒い時期には良いだろうなと、いろんな縫い物のブックカバーの作り方を見ながら、型紙にはプチプチのビニールを使って、作ってみました。

まずは好きなブルーの羊毛でトライ^^📘

作業@台所(笑)の製作風景。

私が水フェルトをする際は、たくさんお湯を使うのもありまして、台所でやっています。

トレーに「すのこ」と、型紙にしたビニールを置いて、縦横に羊毛を置いていきます。

ブックカバー用羊毛フェルト

あまり厚くしたら使いにくいかなと思いまして、今回は袋物を作るよりは、少なめの羊毛を置いてみました。

この濃いブルーと水色が好きなんですよね。後から羊毛刺繍で模様をつけたいのもありまして、半々に置いてと🙂

羊毛に、洗剤を垂らしたお湯をかけますと、羊毛には脂分があるので、最初は弾くんです。ですので、じっくり馴染ませながら、撫でていきます。孫の頭を撫でる感じかな?優しく強く?愛情たっぷりで☺

水を弾く羊毛フェルト

途中、やや型紙が小さかったことに気づきまして😱

ん^^;と思いましたが、とりあえず、トライ!(笑)

厚さと寸法に気をつけながら、袋状にして、栞になるように、レースの糸を挟みこんで。

更に羊毛を重ねて、すのこも使いながら、縮絨していきました。

形ができたら、ブックカバーの形になるように、ハサミでいらない部分を切ります。

それから型紙を出して、また少しゴシゴシします。

うまくできたかな?ん^^;

初めてで、羊毛も2種類使ったので、縮絨の具合が難しかったのですが、厚さはちょうど良いかな?という感じになりました。

羊毛フェルトブックカバー

が^^;、やや、長さが寸足らずでした^^;(最初だからね😝)

作り直します!(笑)羊毛が足りなくなったので、探さないとなりませんが、それもまた楽しです☺

デザインを考えるのが楽しい。

出来上がったら、ブルーが綺麗な空みたいなので、模様は星やフクロウとかが良いかなー?と、考え中です⭐それもまたまた(笑)楽し😊

型紙、大事ですね^^;

ブックカバーなら、しっかりはまらないといけませんから、難しいなーと思いましたが、一回作ってみましたので、様子がわかったのがあります。

やはり何事も、やってみないとわかりませんね。この作り方で、スマホカバー📱も良いかな?と思いました。

羊毛をどのくらい使うかわからなかったのがあったので、こちらを参考に、また作ってみたいと思います!(元気を出した😜)

アップリケみたいに布をつけても、可愛いでしょうねー。そうなると、女の子向けかなあなんて🌺

水フェルトの小物なら、意外に短い時間でできるので、作り慣れたいなと思います。

読みたい本がいっぱいありますし、マイブックカバーで、好きな糸で栞を付けるのは、楽しくなるなと、((o(*^^*)o))わくわく。

好きな形に作り上げていけるところは、羊毛フェルトの醍醐味かもしれませんね。

変わり種も作ってみたいなあ。ひつじのお顔が付いていたりとか🐏

自分のってすぐにわかる、オリジナルがいいですよね。ちょっと考えよう🖊

また作り直しまして^^;後日アップします。マスコットも製作中なので、代わり番こに頑張ります!

外は秋の雨。ハンドメイド日和かも。

外はすっかり秋雨になっていますが、秋ならではのハンドメイド日和かなー。

木々の葉の色が、きれいになっていきますね。濡れた葉から、ポタンポタンと、雨粒が落ちていきます。

紅葉がきれいな場所も、出かけてみたいなーって思います。こちらの紅葉は、来月でしょうから、どこかに行けたらいいな🚂

あったか紅茶であったまりながら、製作を楽しみまーす🎵

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook