LINEで送る
Pocket

100均ダイソーのハロウィン羊毛フェルトキットパンプキンベア、製作は続く。

チャレンジしています、100均ダイソーのハロウィン羊毛フェルトキットパンプキンベア、その後です。

分けた茶色の羊毛から、耳と手を作ってから、付けてみました🙂

耳と手を付けたパンプキンベア

前回もクマさんでしたので、ここまではほとんど同じ感じですね。

頭が小さめになった以外は^^;お手本通りになったと思います。

こちらのレシピには、それぞれ分けた羊毛を2つに折ってから、丸めて形作るとありますが、ハリのある羊毛なので、パーツを作るのも、やや時間がかかりました⏱

私が普段作る作り方とは、違うのもあるかもしれませんねー。

羊毛は縦横を重ねるようにしたら、うまく固まっていくので、芯を作ってから巻くようにして作っても良いのかな?と思いました。

レシピに書いてある通りでなくても、サイズが合うなら、作りやすいやり方が良いでしょうね。

顔にマズルを付けて、プラスチックアイをボンドで。鼻と口は、羊毛を刺して。

次は顔にマズルを付けて、プラスチックアイは穴を開けてからボンドで付けて、鼻と口はマズルに、羊毛を刺していきます。

マズルの羊毛がやや少なめだったので、柔らかめになりましたが、鼻も口もどうにか付けられました。

鼻や目が付いたパンプキンベア

やはり、やや目が大きめに見えます(笑)

私が、頭を小さくしてしまったからですね^^;

でも、これも可愛いかな?と思います😊

パンプキンの体に、いよいよ仕掛かる。なかなかいい感じ。

そしていよいよ、パンプキンの体です🎃

これはオレンジの羊毛を2つに分けて、巻いてチクチクしていきますが、パンプキンにしないといけないので、慎重に刺してみました。

パンプキンの体

最初は体にそのまま巻く感じで、2回目は真ん中を膨らませる感じで。

中央に羊毛を乗せました。

かぼちゃの筋を付けるので、柔らかめにしないといけません⚠

私は以前、よくパンプキンを作っていたのですが、羊毛の種類は違っても同じように、柔らかめに丸くして、4本筋をニードルでゆっくり刺して、付けてみました。

そして、パンプキンにはお顔を付けました。

顔が付いたパンプキンベア

なかなか良い表情ではないでしょうか👍🏽

いつもの(笑)失敗に気づく^^;でも頑張る(笑)

が(笑)ここで、失敗に気づきました^^;

このクマさんの頭にも、パンプキンの帽子を被せなくてはいけないんですが^^;

オレンジの羊毛を、全て使ってしまいました😱

パンプキンを柔らかに作ることしか考えてなかったので、残すのを忘れました😝

きちんと、最初に分けなかったからですね💦

仕方ないので(笑)

我が家にある羊毛からオレンジを探して、使うことにしました💣

ここまでで、4時間はかけてしまいましたね^^;

毛羽立ちを無くしたくて、長く刺していたからだと思います。

昨年、マスクのパンプキンを作った時より難しく感じました。

もちろんレベルは違うんですが、使い慣れてない羊毛だからかもしれませんね。

足りない羊毛を探して(笑)帽子と足、尻尾を付けていこうと思っています。

あとは帽子と足、尻尾を付けたら出来上がりです👌🏽

羊毛を探して^^;また続きを作ります。

でもこの形、可愛らしいですね。お気に入りになりました。

苦戦しておりますが(笑)

更に、次回に続きます🔜

100均ダイソーのハロウィン羊毛フェルトキット、パンプキンベア製作の途中経過。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook