LINEで送る
Pocket

久々のイベント参加は、素敵な体験になりました♡

久々のイベント参加が終了し、ホッとしているところですが、実際に会場でいろんなお客様、作家の皆様とお話しをすることが出来まして、これからの製作のヒントを沢山いただきました😊

自分自身が参加することは、素敵な体験ですね。

いろんなジャンルの作家さんとお話しが出来たことで、自分だけでは思いつかなかったこと、これからの目標を考える時間になりました。

作品や製作だけでなく、さりげないおしゃべりの中から、助けていただくことも沢山ありました。

イベントは、空間での体験ですから、お客様がリラックスしながら、作品を見られることも大事ですね。

今回は主催のはまださんが、コーヒーや紅茶、お菓子を用意して下さり、お客様が召し上がっている間に、ゆったりお話しが出来たり、自分も、お客様目線でお買い物が出来たり。

3日の間に、いろんな皆様と接することが出来まして、自分も癒されていました。

作品を選ぶワクワク感、知らなかったことを聞けるチャンスなど、おうちショップならではの、貴重な時間でした😊

次の目標は、ミニアチュールzero展の準備。自由な発想で。

次の目標は、毎年の恒例になりました、故郷岩手は盛岡市での、ミニアチュールzero展の準備です。

先日、主催される画材屋さん、アートショップ彩画堂さんのブログに、ミニアチュールについてのQ&Aが載っていました。

私は今年出品すると4回目になりますが、それでも、目から鱗の説明が書いてありました。

画材屋さんでの公募展ですから、絵画を出品しないとならないと思っていましたが、なんと!要項の内容に沿っていたら、絵画でなくても良いとの文章に、びっくりしました😮

私はこれまで、みな羊毛を使った作品を出して来ましたが、画材屋さんのイベントですから、やはり出来たら、絵の具やペンなどを使わないとならないかな…と、ちょっとの不安がありました。

その不安がゼロになるお答えが書いてあって、さらに楽しみになりました😊

もちろん、作品のサイズは決まっていますが、それに見合っていたら、絵画でなくても良いと書いてあります。

絵画でないもの。

それは何だろう?と考えましたが、例えば、私が前から作りたいと思っている、パノラマとか、フラワーアレンジみたいな作品とか。

それも良いことになりますね。

F0サイズで、厚さが6センチ以内の中の可能性。

これは、考えるのも面白いですね🙂

今回使うのは、アートショップ彩画堂さんで手に入れたベニヤ。じっくり製作していきます。

今年は、アートショップ彩画堂さんで、使うベニヤを購入出来ました。

ミニアチュールzero展で使うベニヤ

まだ3回しか出していない私ですが、名前を覚えてくださっていて、感激しました😂

素敵な機会、ありがたいですね。

前回は宮沢賢治さんの、「よだかの星」をモチーフに、羊毛フェルトでよだかを描いてみました。

宮沢賢治さんの、「よだかの星」

作品を直にご覧になった皆様から、いろいろなご感想をいただき、チャレンジしたいことがありました💪🏽

それに、さらに絵画でなくても良いとなりましたら、もちろん、いろんな可能性がありますね。

描きたいモチーフを考えながら、じっくり製作していきたいと思っています。

今年もミニアチュールzero展に応募します。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook