LINEで送る
Pocket

福岡に来てから、梅を見に行くようになりました。太宰府の飛梅は、美しく。

福岡に来てから、立春過ぎたあたりになると、梅を見に行くようになりました。

生まれ育った岩手も、福岡の前に暮らしていた札幌も冬が長く、四月末辺りに桜が咲くのとほとんど同じ時期に、梅も開いていました。

それも、まだ寒い中なので、なかなかゆっくり花を見ることは無かったんです。

こちらに来てからは、梅が開いてからは、日が射せばあったかな日もあるので、神社や公園の梅をゆっくり見ることが増えました⛩

実は一月の下旬に運良く、太宰府天満宮の飛梅が開花しているのを、初めて見られまして。

太宰府天満宮の飛梅

以前は、まだ開き始めや、花が終わる頃に行ったことはありましたが、沢山開いているのを見られたのは初めてで、とても嬉しかったですね😊

お天気も良くて、立春の前から、春の始まりを感じていました。

福岡城跡の梅を見に行ってみました。甘い香りがします。

それから2週間が経ち、福岡市内の梅はどうかな?と、お天気が良くなった日に、福岡城跡の梅を見に行ってみました🚶‍♀️

梅の色は、濃い色のもあり、鮮やかですね。

福岡城跡の梅

福岡城跡の梅

街中でも、庭先に梅の花を見かけていましたが、最近は白梅が綺麗に開いているなーと。

福岡城跡の白梅

凛とした姿は、しばらく眺めてしまう美しさで。

以前は、桜をゆっくり見ることが多かったんですが、今では春の始まりを告げる、梅の開花を楽しみにするようになりました😊

梅は香りが良いですねー。

下の方に開いている花の香りを嗅いでみましたら、甘い香りがしました。

小鳥が集まってくるのがわかりますね🐦

毎年、福岡城跡には、沢山の皆さんが写真を撮りに来られます。

桜のお花見は、お酒やご馳走をいただいている皆さんで賑やかですが、まだ冷える今ですから、静かに見て回る、梅見も良いですね👍🏽

実家の梅の木の思い出。来月には桜が開く福岡で感じる、美しい景色のありがたさ。

昔、実家には、梅の木がありました。

駐車場の関係から、私が離れてから木は切られましたが、祖母が暮らしていた頃からあった梅の木でしたから、私の記憶にははっきり残っています。

二階の窓から、梅の木に訪れる小鳥を眺めるのが楽しみでした❤

今回も木のそばで、百舌かな?小鳥を発見!

百舌

一生懸命、虫を探していました。

猫もいまして。人に慣れているような大きな猫でした。日向ぼっこに出てきたかな?

猫

花の写真を撮りながら、空が綺麗だなーと見上げていたら、来月開く桜の木々が見えました🌸

見上げた空と、桜の木

まだ冬の木の姿ですが、来月下旬には、華やかに明るくなるんでしょうね。

歳を取る毎に、季節の移り変わりの速さを感じますが、だからこそ、美しい季節の景色をありがたく感じます。

今年見られた梅の姿は、特に印象的でした。また見たいなー。

今回、いろんな種類の梅の花を見られまして、まぁるい形に開く花があることに気付きました💡

お雛様にはよく、梅や桃をイメージした花を刺繍していますが、実際に開いた花を見ていたら、また刺したくなりました☺

次から次と開く梅の木の姿は、来週にはまた様子が変わっているんでしょうね。

今年見られた梅の姿は、特に印象的でした。

スケッチに残しておくのも良いですね🖍

まだ蕾が沢山ありましたから、お天気が良い日に、是非出かけてみて下さいね。

今年の梅見のために、福岡城跡へ。時の流れと、美しい景色。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook