LINEで送る
Pocket

羊毛フェルトのコッペパン。ジャム作りは、混ぜ混ぜ。

先日作ってみた、羊毛フェルトのコッペパン。

何を挟もうかな?と悩みましたが、この前、お昼にいただいた、ジャムサンドがお気に入りになりまして👍🏽

いちごとりんごのミックスのジャムが挟んであったので、春らしい色になるかなと、「ジャム&クリーム」にしました😊

食べてみたい組み合わせです(笑)

まず、ジャムの色作りをしました。

いちごとりんごのミックスなので、いちご色、ミルクキャラメル色、そして、茜色の三色を混ぜてみました。

羊毛を混ぜ混ぜ

私が先日いただいた、ジャムサンドの色を思い出しながら、指で羊毛を混ぜ混ぜ。

少しずつ色を足しながら、混ぜていきます。

そして出来たのが、手前にある色です。

羊毛を混ぜ混ぜ

ちょっとくすんだ赤みたいな感じになり、私が思い描いたジャムの色になりました👌🏽

山本パンさんのパン作りのように、ジャムとクリームを乗せて。

ここでヒヨコちゃん、再度登場ですよ🐤

「なにをはさむの?」と、聞いております(笑)

山本パンさんの店頭で見たように、まずは片側に、作った色を乗せて。

作った色を乗せた、羊毛フェルトのコッペパン

たっぷり乗ったかな?

それからもう片方に、クリームの白を乗せました。

「おー、たっぷり!」と、ヒヨコちゃん(笑)

クリームの白を乗せたコッペパン

そして挟んだら、ジャムサンドの出来上がりです❤

あ、早速食べちゃうのかな?😊

出来上がったジャムサンド

今回は、故郷岩手は盛岡の福田パンと、こちら福岡の山本パンの、具の挟み方をご紹介したくて、コッペパンをふたつに切ったように作って、中身を挟んでみました。

片側ずつ、たっぷり塗ってくださるんですよ☺

小さいですが、本当に挟んだみたいに、ワクワクしながら、羊毛をチクチクしました。

コッペパンを真っ二つに切るのではなく、端は切れないようにして中身を挟むので、この作り方は一番、本物に近くなっているかもしれません。

切ったように作らないで、真ん中に中身の色をチクチクしても良いですが、個人的な楽しみで(笑)

開きながら、チクチクしてみます。

新たなチャレンジは、調理パンになるでしょうか?細かい作業を頑張ってみよう!

調理パンも、チャレンジしてみたいですねー。

やはり、また食べないといけません🐽

いろんな組み合わせのコッペパンサンドがありますから、中身の作り方も考える楽しみがあります。

これまで食べた、ハムカツ入り野菜サンドや、焼きそばサンドは、どうしたら良いでしょう?(笑)

ハードルは高そうですが、考えてみたいですね。

細かい作業をどこまで出来るか、また、チャレンジしてみます💪🏽

こちらのジャムサンドは、何かプラスして、ストラップにしたいですね。

出来上がりましたら、またアップしたいと思います。

小さなコッペパンサンドは、ヒヨコちゃんの、お昼ご飯にします😜

羊毛フェルトのコッペパンに、挟んだのは…。私が思い描いたジャム。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

羊毛フェルトマスコットや、ハンドメイド作品の注文につきましては、ご注文の流れを、ご覧下さい。

商品のお値段等、詳細を確認したい場合は、お問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook