くるみ割りに没頭する(笑)楽しい♪

先日から作品作りに使っていたのは、故郷のくるみです。ありがたくいただいたものを、水につけていました。

作品に使う関係上、綺麗に割らないといけないこともありまして、その割り方をネットで検索しまして、チャレンジしてみました💪

1日水につけて、それを乾かして、フライパンで炒ります。弱火で炒っているうちに、パチっと音がしてくるんです。

くるみonフライパン

薪を燃やしている時の音みたいなんですよー。子供の頃に聞いた、懐かしい音でした☺

段々、真ん中の割れ目が開いてきたものから、お皿に取り出しまして。

うちで使えそうな道具は、缶切りくらいだったので、割れ目をこじ開けてみましたら。(危ないよ^^;@専属デザイナー🐧)

くるみ割り

パキッと、綺麗に開きました‼

一人で、ヤッター!と叫んでいました(大騒ぎ(笑))

生まれて初めての楽しみ。

くるみをいただいて、一年経ってやっと、綺麗な開け方に気づきました(笑)

昨年は、炒る時間が短かったのかもしれません。

綺麗に割れたくるみの中は、愛らしいハート形❤

ハート型のくるみ

中のくるみは、油がたっぷりで、美味しそうです。(食いしん坊バンザイ🐷)

半分くらいを一気に開けたのですが、このくるみが開く時の音が気に入りまして😊

更に、香ばしい香りが良くて、これはハマりますよー🌞

こんな楽しみを味わうのは、生まれて初めてです。昔から、こんな手間暇をかけて、くるみを楽しんできたんですね。

くるみゆべしや、くるみ餅など、くるみのお菓子が美味しい私の故郷岩手を思い出して、じんわり感動しました💧

作品とくるみ餅が楽しみ。頑張る。

みんな割ってしまうのが惜しいような気持ちになりながら、これは大切に使わないとなと、しみじみ。

これで今度こそ、きれいなくるみの上に、羊毛フェルトを乗せることができます。それも嬉しくて。

中身のくるみは、すり鉢ですって、お餅につける甘いたれができるらしいので、それもこの冬の楽しみですね⛄

全て使える、故郷の大事な材料です。油分も、木材の仕上げに使う貴重な素材のようですね。

ひとつの作品を作り上げるまでに、材料を揃える過程を経ていくと、いろんなことを知ったり、学べたりします。

まだまだ知らないことが、いっぱいですね😊

貴重な材料をいただいたことから、それを使いながら製作する機会までいただきました。

たまたま話題に上った話から、実際にくるみを手にすることになったのですが、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます🙇🏽

くるみは、食べる方でも大好きな材料なので、ケーキやパンに使うことはよくありましたが、自分で割って作るのは、初めてなんです。

餅につけるタレを作るのも、実は初めてなので、作りましたら、また書きたいと思っています🖊

お守りみたいなマスコットを、いっぱい作ってみたいですね。頑張るぞー🍎

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook