LINEで送る
Pocket

セリアのもこもこ糸で、ワンちゃんを。苦心作です。

編んでいた、セリアのもこもこ糸を使った編みぐるみ。

お顔とお耳、しっぽが付きました❤

ワンちゃん全員集合

お鼻が付いているマズルも、編んでから縫い付けました。

鼻は羊毛、お目々はプラスチックアイですね👀

お耳をどうしようか、結構考えました。

編み目がわかりにくいのがありましたが、小さな長方形みたいに編んで、縫い付けることに。

ふわふわなので、その辺りは雰囲気を見て、顔に合わせて編み編み⌛

しっぽは小さな丸を編んで、丸くなるように絞りながら、縫い付けると。

小さくて、編み目がわかりにくかったので、苦心しました💦

しかしそのかいもあって、お顔はワンちゃんらしくなったかなと思います😊

犬種はわからない(笑)柔らかくするために、これからも研究。

なんのワンちゃんかはわからないですが^^;

こんなワンちゃん、いそうですよね(笑)足も付けたいですねー。

伏せをした形にお顔を付けたので、立つ感じにはなりませんが、表情が出て可愛くなりそうです🐶

伏せて、リラックスしてる雰囲気もいいかな?と思いますねー。

やはり、もう少し大きめのサイズにしたら良かったかもしれませんが、このサイズで、バッグなどに付けるチャームにしても、良いかなと👜

今回も、フニャフニャな感じに作るのは難しかったです💦

中に入れる綿にもよるかなあと、しばし黙考🤔

綿があまり少ないと、ボリュームが片寄ったりするので、作り方をもう少し研究したいですね。

以前、アクレーヌを猫ちゃんのしっぽに使ったことがありましたが、うまい具合に柔らかにできました。

ここはもう少し、試行錯誤します✂

見た目は、ふわふわなワンちゃん。編み目のクリアを、考えてみたい。

見た目は、ふわふわなワンちゃんらしくなりました。

これは、羊毛だけでは難しかったと思いますから、いい感じが出せたかな?と思いますね☺

羊毛だったら、全体を植毛することになりますから、こんなふわふわな糸を使うのも、マスコット作りには良いですね、発見でした👍🏽

まだセリアの糸があるので、少し大きめサイズもチャレンジしたいですね。

問題は、編み目をどうクリアするか。

今回はかぎ針編みで作りましたが、棒針編みだったらどんな感じでしょう?

ふわふわな糸は棒針編みの方が編みやすいと思いますが、いろんな形を編むのに、まだ慣れてないので、本などを見ながら、考えてみたいです📚

うちのワンちゃん、全員集合?(笑)神社で見た狛犬さんを、作ってみたい。

写真には、息子のブロック、羊毛フェルト、後ろには、柔らかなフェルトを使ったワンちゃんなど、いろんな材料を使ったワンちゃんを集合させました😜

先日、神社に出かけまして、つるし雛から興味を持った、狛犬をガン見してきました⛩

犬は犬でも、そちらは石でできていて、目を見開いた姿は、凛々しかったり、怖かったり。

まさに、見守っている風格がありますね。

神社によって、いろんな表情、ポーズもあるようなので、こちらにはたくさん神社がありますから、お参りする度に見ていきたいです👏🏽

お正月には、赤、黒、白の狛犬の絵を年賀状などでよく見かけていましたが、羊毛フェルトで作っている方もいらっしゃいますね。

表情もいろいろで、民芸品店で見かけるものは、可愛らしいなあと思います😊

私も是非、チャレンジしてみたい狛犬です。

更にワンちゃんを、増やしていきますね🎵

セリアのもこもこ糸を使った、小さなワンちゃん編みぐるみ。作り方を研究中です。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook