LINEで送る
Pocket

私が羊毛フェルトを習ったのは、7年前。まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」現る。

私が羊毛フェルトを習ったのは、7年前になります。

習う前から、本を見たり、材料屋さんの方に聞いたりしながら、好きなように(笑)マスコットを作っていたことがありました。

そんな中に、まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」がありまして✊🏽

なぜか石のマスコットに、いろいろくっつけていました。

まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」

その中にハロウィンバージョンがありまして、顔はハロウィンぽく🎃

怖がっています(笑)

魔女ハットを被って、パンプキンと、背後にはオバケ~🎃👻

まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」

こちらを見ましたら、なんて自由に作っていたんだろうと笑いますが🤣

アイデアは、面白いかもしれません(笑)

魔女ハットはスパンコールで飾って、コウモリの羽を付けていますが、この羽、羊毛シートなんですけど、どうやって作ったのか、記憶に無いんです😱

水フェルトで作ったなら、作り方が甘いですね^^;

端っこが、ちぎれそうです💦

まだ作り方を、きちんと知らない頃でした😝

オバケには、ナチュラルなくりくりの羊毛を付けていて、煙みたいで、それらしくなっています👌🏽

まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」

オブジェ的なマスコットですが、懐かしいですねー。

マスコットにいろいろ飾るのが好きだったので、石にしては派手ですが💃🏽

これはこれで、オリジナリティはあるのかな?と、大事な作品になりました。

使えるとしたら、針山でしょうか(笑)

痛そうですね🗡

他にも、どこかにいるかもしれないので🙂

また見つかったら、アップします。

女の子もいるはずです👧🏽

あの頃の楽しみは、お店巡りで材料を見ること。新たな材料を見つけて、新しいものを作りたい。

これを作っていた頃は、かなり頻繁に材料屋さんに出かけていました。

ビーズや糸など、初めて見るものばかりで、お店を見るのが楽しみでしたねー。

今は100均ショップもそうですが、本当にいろんな材料を買えるようになりましたね。

ネットショップがない頃は、知らないものばかりでしたが、羊毛フェルト作品を作るようになってから、アクセサリーの材料も知るようになりました。

ラッピングの袋や箱まで、今はいろんなものが手に入りますから、かなり環境が変わったなと思います。

子どもたちの、学校の図工や家庭科の材料も、キットになっているのはびっくりしました❗

裁縫箱も、おしゃれでコンパクトですね。見ているだけで、楽しくなります😊

たまたま整理して出てきた過去の作品でしたが、時々過去作品を見返してみて、初心に帰りながら、新しいものを作れたらなと思っています。

愛すべき過去作品は、まぼろしの(笑)「いしくんシリーズ」ハロウィンバージョン。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook