LINEで送る
Pocket

アクレーヌボンボン柴犬マスコット完成!丸々で、存在感たっぷり❤

チャレンジしていました、アクレーヌボンボン柴犬マスコットですが、お耳とお口がついて、完成です😊

アクレーヌボンボン柴犬マスコット

こちらは、あむゆーずのレシピを見ながら、作ったものなんです。

私は普段、「ポンポン」と書いていますが、調べてみたら、どちらでも良いみたいですね。

ポンポン」はフランス語からで、「ボンボン」は英語らしいです(知っていました@🐧)

ハマナカさんでは、くるくるボンボンという道具があるようですねー。もっと調査せねば🖥

お手本の柴犬ちゃんより、やや大きめなんですが、なんか、丸々になりました(笑)

やはり、作った人に似たんでしょうか🐽

お手本は5.5センチのメーカーを使うようになっていますが、うちにあるのが、3.5センチと7センチだけだったので、大きめの7センチのものを使いました。

自分用のチャームにしたかったのがあります🐶

存在感大ですねー。

お耳もアクレーヌで作って、お口、まゆを刺しまして。

小さなお口ですが、これで表情が変わるんでしょうね。

お目々はうちにあった、一番大きめの8ミリを使いましたが、これで、ちょうど良い感じになりましたねー。

丸の4分の1が、白になるように巻いたんですよ👍🏽

苦労はありましたが、自分の糧に。癒やされるマスコットを作っていきたい。

初めてポンポンマスコットを見た際には、どうやってあんな風に色を変えているんだろう?と、不思議で不思議で。

ポンポンメーカーがあってこそ、できるってことですね。

アクレーヌや羊毛は糸ではないので、巻く時には、何回巻くではなくて、均等に巻かないといけないんですね。

今回は慣れていないのもあって、多分、アクレーヌを分けた際に均等でなかったんでしょうね💦

場所によって、偏りができてしまい…。

カットする際に気づきましたが、カットも苦手なのがありまして💦

時間をかけてしまったのが反省点ですが、お顔は可愛くなったかな(笑)と、お気に入りになりましたね☺👌🏽👍🏽

大きめですが、アクレーヌなので、ふわっと広がる感じになり、植毛したマスコットみたいなんですよ❤

あまり巻きすぎてしまうと、部品がはまらないのがありますが、今回の量は、ちょうどよかったですね🙆🏽

触ったら、ニードルフェルトで作ったマスコットとはまた違う、ふわふわ感です。

癒やされるぅ(笑)って感じだと思いますね😍

ポンポンはもともと、隙間があるものですから、刺し目をつけるのは楽です。

やってみて、なるほどと思いました。

あむゆーずには、新しくポンポンのレシピが増えているみたいですから、皆さんのいろんなポンポン作品を、拝見したいですね。

編みぐるみ降臨!次は、抱っこできるような、マスコットを作るのが目標!

話は変わりますが、朝起きたら食卓に、こちらの編みぐるみが座っていまして(笑)

編みぐるみ

こちらは、クマさんでしょうか?🐻

しっぽが無いですねー。一体なんでしょう?(笑)

私が編んだものではないんですが、見ていたら、表情がなんか癒されますねー☺

早速、遊んでみました(笑)

マスコット全員集合

並べたら、会話が聞こえてくるみたいなマスコット。

いろいろ使えそうですね。

最近孫の興味は、車にシフトしたみたいですが(笑)🏎🚓🚑🚒

次は、抱っこできるような、マスコットを作るのが目標です。

作りたいものは、自分が欲しいものなんだなと(笑)

実感した、春の日でした🌸

アクレーヌボンボン柴犬ちゃんが出来ました!癒やされています。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook