LINEで送る
Pocket

秋から編んだニット帽。試行錯誤の日々。

秋からニット帽を、いくつか編んできました。

棒針編みのニット帽は、まだ経験が浅くて、どのくらいの目数でスタートしたらどんなサイズになるのか、よくわからないまま編んでいました。

本の編み図通りに編むのも、なかなかうまくいかないこともありまして、それならば、自分なりの編み方が良いかな?と、秋から何度もやり直しもしながら、編んできました。

秋から完成したのは、4つになりますが、実は倍くらい(笑)編んだかもしれません💦

編み目を間違ったり、穴があったりで、ほどきながら完成させていました。

そうしていくうちに、この位の糸なら目数はこの位と、要領がわかってきまして、リクエストをいただいた色を主に考えながら、いろんな糸で編んできました。

ハマナカさんのアメリーの濃いグレーを使った、シンプルニット帽を編みました。

もうあったかになりましたが、次の冬場のためにリクエストをいただいていましたので、今回は編みやすくてあったかなウールとアクリル混紡の、ハマナカさんのアメリーの濃いグレーを使った、シンプルニット帽を編みました。

アメリーは細めなので、二本どりで編むこともあるようですね。

前回、アメリーを使った際は一本取りでしたが、軽いのにあったかなのが気に入りまして、今回も一本取りで編みました。

一本取りで編んだニット帽

被り口は二目ゴム編みですが、その部分を長めにして、まくって被れるようにしたので、頭周りは絶対😊

あったかではないかな?と思います。

ニット帽

手編みならではの、空気を含んだあったか感があるのではと。

上部は、前みたいにメリヤス編みにしまして、時々自分でも被ってみながら、トップの減らし目を調整しました。

ニット帽

これから暑くなりますが💦

次の秋から冬を、楽しみにしていただけたらなと思っています☺

編み物は、使う方を思い浮かべながらの作業。だから嬉しく、楽しいのかも。

こちらを編んでいて気づきましたが、私は、被る方のお顔を思い浮かべながら、大きさや長さを調整して編んでいる時が幸せなんだなと思いました。

一人で編んでいる気がしないんです😊

お隣に、頼んで下さった方がいらっしゃるような(笑)私の勝手な想像なんですが😄

だから嬉しく、楽しいのかもしれませんね。

帽子を編み始めたのは、自分のためでした。次回は、綿の糸で。巻き巻きも楽しみ。

今は100均ショップにもニット帽があったりしますが、実は帽子を編み始めたのは、市販のサイズになかなかピッタリ来るのが無かったからでした。

以前は、かぎ針編みで編むことがほとんどでしたね。

自分で長さを調整しながら編めるのが、助かったところで。

かぎ針編みの帽子も好きですが、冬は棒針編みのフィットするのがあったかですね☀

軽いのにあったかって、普段使いには良いなあと思います👌🏽

この冬は初めて、自分で編んだ棒針編みのニット帽で、ずっと過ごしていました。

以前にも書いたと思いますが、我が家に細い綿の糸がありまして、それも一本取りにして、ニット帽を編んでみたいなと思っています。

まだ編んだことがないので、被り心地がどんな風かわかりませんが、極細くらいなので、綿でも軽い帽子になるかな?と、予想しています🤔

やはり編み物は、場所を問わず夢中になれるので、カセになっているままの綿糸を、セルフで(笑)糸巻き巻きしたいです。

座って、自分の両膝を曲げてカセをはめて、巻き巻きするんです❤

ママ友さんから、教えてもらったんですよね。ありがたいなーと思います。

昔はよく、母が毛糸を巻き巻きするのを手伝っていました。

今ではそんな光景は珍しいかもしれませんが、昭和の雰囲気で(笑)自分で頑張ってみようと思っています💪🏽

絶対あったかなニット帽は、ハマナカさんのアメリーを使ったもの。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook