LINEで送る
Pocket

二月は、あっという間に過ぎて。優しい桃色に癒される季節。

毎年開くのを楽しみにしている椿がようやく開き始めて、優しい桃色に癒されています☺

お散歩に出かけましたら、もう早咲きの桜が開いているのを見かけまして🌸

華やかだった梅の時期はもうすぐ終わりで、桜の開花を待つ、年度の終わりに近づいてきました。

二月はやはり、早く過ぎるものですね。

博多織の「信玄袋」。初めて知りました。

私の周りには、春色のコットン糸が増えてきました。

春に、自分も使いたい編み物の巾着を編んでいますが、いろいろ調べているうちに、博多織の「信玄袋」の写真を見つけまして。

「信玄袋」?

見たら、巾着なんです。

巾着をそう呼ぶのかな?と疑問に思ったので、しばらくネットで調べてみました📱

写真を見ましたら、まさに巾着でして。

参考:信玄袋|ふくさ・信玄袋・風呂敷|製品案内|博多織 サヌイ織物(福岡市)

調べましたが、なぜ信玄袋と呼ぶかは定かではないようで、信玄弁当を入れていたからとか、武田信玄の肖像画にそんな袋があったとか。

歴史の話は面白いものです😊

実際は明治時代から、着物を着ていた女性が持っていた袋を指したようですが、一切合切入れる袋という意味で、合切袋とも呼んでいたとか😮

写真を見ましたら、入れ口に紐が輪になって数カ所に付いていて、そこに、持ち手になる紐を通しています。

底は、四角だったようです。

私が編んでいるのは、丸い底の巾着なので、そういう面では信玄袋とは違いますが、博多織の信玄袋、見たくなりました。

博多織は絹でしっかり織られていますから、丈夫なんでしょうね。

巾着に、さらなる興味を覚えた私。工夫も必要だなと。勉強します。

ふと、そんなことを見かけて、巾着にさらに興味が湧きました😊

今は、着物を着る人は減ってきてはいますが、お祭りの時に、男性が持っているのは見かけます。

合切袋。

今なら、ポシェットみたいな役割なんでしょうねー。

私は、バッグインバッグの役割のための小さな巾着を編んでいましたが、用途によっていろんなサイズがあったら、作るのも使うのも楽しいだろうなと思いました。

何種類か編んでみていますが、いつも悩むのが、持ち手の紐は何を使ったら良いかな?ということです🤔

自分が使うイヤホン入れにはワックスコードを使いましたが、ピンクの小さな巾着には、編んだ紐を使いました。

ウッドビーズを留める役割に使っているので、穴に通る太さの紐でないとなりません。

今編んでいるのは、コップが入るサイズにしたいんですが、別の糸で編んでみるか、やや太めの糸を使おうか、材料はもう少し探してみます。

防寒グッズを編む季節は終わりになりますが、編み物は好きなので、一年中使えるものを、いろんな色や柄を付けて作れたらなと。

模様編みや、編み込みも、さらに勉強したいですね🖊

合切袋。私のバッグ?(笑)自分が使えるものを、増やしていきたいですね。

信玄袋を合切袋と呼ぶことを知り、巾着の作り方も考えたいなと、ますます興味が湧きました😊

昔はまさに、一切合切入れていたんでしょうねー。

私のバッグには、本当にありとあらゆるものが入っているので(笑)

一切合切入れたら(笑)

壊れそうですが^^;

自分が使えそうな合切袋を、作ってみたいものです。

丈夫な麻の糸を使ったら良いかもしれません…。

あ、底だけ、麻を使うというのも良いですね💡

私の信玄袋、増やしていきたいなと思っています。

巾着

初めて知った、「信玄袋」という名前。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook