「みんなの年賀状展」が開催されます。

先日、書きかけの年賀状の絵の写真をチラッとアップしていましたが、故郷岩手の盛岡市材木町にある画材屋さんであります、アートショップ彩画堂さんで、毎年恒例の「みんなの年賀状展」が、明日8日(月・祝)から13日(土)(10時から18時)まで開催されます。

こちらで、私の年賀状も展示になりますよー💌

私の年賀状 椿

こちらはどなたでも、彩画堂さん宛に年賀状を出しますと、綺麗に額を付けてくださって、展示していただけるという、拝見するのが楽しみなイベントです。

盛岡でご活躍の作家さんの年賀状や、私がお知り合いになった作家さんの年賀状を見かけることもあって、その場に行けない私にとって、後に彩画堂さんのウェブギャラリーにアップされるのが、待ち遠しくて待ち遠しくて。

今年のテーマは、写実的な椿。悩みながら描きました。

昨年は自分が製作していた、干支のニワトリの絵を描きましたが、今年は毎日のように写真を撮っていた椿を描いてみたくて、うちにあった色鉛筆と、子どもの絵の具を借りて、初めて写実的な絵を描いてみました。

うちにある色鉛筆や絵の具の色に限りがありまして、苦肉の策で^^;混ぜながら描いていきました(すごーい@専属デザイナー🦉)

何枚か撮っていた写真の中から、お気に入りの一枚を見ながら描きましたが、背景はどうしようかな?と、かなり悩みました🌤

椿の写真

実際の椿の周りは建物だけで暗いんですが、年賀状ですから、自然な背景にしたいなと思いまして。

青空と雪の風景が思い浮かびまして、あまり無い光景ではありますが、青空と雪が舞って、椿に少し積もっているように描きました🏔

椿は色鉛筆で描いて、空と雪は絵の具を使いましたが、思いの外楽しい作業になりまして、小さい頃から絵を描くのが好きだった私にとって、絵手紙のようなものは良いなーと気づきました。

本当は、絵の具は新しいのを買いたかったんですが、我が子が使っていた絵の具を使うのも良いものですね。

なんだか、一緒に絵を描いているような気分になりました👩‍👦

周りに雪が舞っているみたいに描いたつもりでしたが、乾いたら、ほとんど見えません^^;

青空だから、それも良いかな?と(笑)

あらためては描かなかったんですが、椿の花や葉に雪が残っているのは表せたかな?と、好きな絵になりました❤

毎年恒例のイベントに、これかも参加していきたいです。

彩画堂さんのブログを拝見しましたら、力作がたくさん集まっているようです。やはり皆さん、素晴らしいです。

寒さが厳しい時期ですから、盛岡の材木町界隈にいらした際には、あったまりながら、年賀状展を楽しまれて下さいね🌞

毎年恒例のイベント、それも新たな年の楽しみは良いものです。

昨年夏に、羊毛フェルトの絵で参加させていただいた公募展、ミニアチュールゼロ展も7月に開催されるそうですから、そちらも是非応募したいと思っています。

材料が自由な公募展なので、いろんなアイデアを、今から練っていきたいですねー。

いつもご丁寧な対応をしてくださる、彩画堂さんにも感謝しております。ありがとうございます🙇🏻‍♀️

お知らせ

ホームページのメンテナンス中でして、ブログの画像が表示されないページがあります。

鋭意修正中ですので、今しばらくお待ち下さいませ🙇🏻‍♀️

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook