よく歩いた、盛岡ライフ。

10月になりましたね。お月様がきれいな、好きな季節です🌃

今年は、一気に秋がやってきた、みたいな気候になっています。そんな季節は、お散歩したくなりますねー。

散歩ネタ、好きなんです😊

私は歩き回ることが好きで、それはきっと、子供時代の習慣からなんだろうなあと思います。

岩手県の盛岡市に住んでいた子供の頃は、毎日よく歩いてましたねー。

Where is the bicycle

白状しますが👅自転車がうちに無くて、乗れなかったんです^^;(継続中です🚲テレビで某おばあちゃんが乗り始めたのを見て、これからでもできるかなと🈲)

三輪車はあったんです。ですから小さい時は、かなりのスピードで^^;飛ばしていました🚓

なぜか自転車は無く、歩くしかなかったんですが、あの時もし自転車があったなら、どこまでも行ってしまいそうな私でした😳当時の同級生なら、きっとわかるでしょうね^^; 鉄砲玉の美学(笑)がありました🚀

学校の決まりで、通学の距離によって使えないのがありましたが、どうして我が家に自転車が一台も無かったのかは、今もってナゾです(笑)。

故郷の景色と、父との思い出。

歩く周りの景色は、山に囲まれて、川が流れていて。橋がたくさんあって、その渡る川の上には広い空。

季節ごとに変わる景色を見ながら、歩いて通学していました。あの景色が、とても懐かしいです。

お休みの日にも、そんな景色を見ながら、父と散歩するのが毎週のことでした。父がいない時には、一人でも、街中一周みたいに、ぐるっと歩くのが好きでした。

本屋さんと文房具屋さんが、お気に入り。

そんな中、特に用事が無くても寄ってしまうのが、本屋さんと文房具屋さんでした。お店の中も、一通り周るのが習慣みたいになっていましたね。

ですから、私が買いたい本を探すのに、かなりの時間がかかっていました💦

お目当ての本があったわけではないのですが、お小遣いを貰う時は、「これで本でも買ってね」と言われることが多くて。

その通りに本を一冊探すのが、楽しみでしたね。それで、本屋の中を一周するわけです、ぐるぐる(笑)。

我慢強い父に、感謝の日々。

小さい時は父が連れて行ってくれましたが、父は我慢強かったんだなと思います。店内を一周する私を、待ってくれていましたから(今は誰も、待ってくれない。いや、諦めない🙃)

そんな時に、父が本を買ったのは見たことがないんです。つまり私のために、本屋に付き合ってくれていたんでしょうね。父は定期購読みたいに、配達される雑誌を読んでいましたから。

文房具屋さんも、父と行きましたねー。私は手紙をよく書いたり、日記を書いていたので、便箋やノートを探すのが好きでした。そこでもまた、迷うわけです(笑)。

ふと思い出しましたが、昔のパンダブームの時は、便箋もメモ帳も、みんなパンダ柄でしたね🐼

そんな私が、パンダのマスコットを作っているって、なんだか不思議な感じがします。

故郷の自然は、ありがたきかな。

今もそうですが、自然を感じられる場所が好きです。公園の中を歩いたり、河原を歩いたり。

木がいっぱいある場所を歩くのは、何よりのお気に入り。雨上がりなどは、木の香りがしますよね。当時は、森林浴なんて言葉は知りませんでしたが、きっとそんな感じだったのでしょう。(フィトンチッドでいっぱい🌳)

私が一番好きな香りかもしれません。雨上がりの通学時には、わざわざ木が多い場所を選んで、深呼吸をしながら歩いていました。

福岡の空と、盛岡城跡公園(岩手公園)。

写真は、最近のお散歩で撮った秋の福岡の空と、久々だったんですが、6年前帰省した際に撮りました、大好きな場所である盛岡城跡公園(岩手公園)の中です。子供たちとも、よく行きました。

福岡秋の空

盛岡城跡公園

岩手公園

今は、環境が違う都会に住んでいますが、そんな中でも、木や草がある場所を探しているんでしょうね🌲

ビルの狭間にでも、ぽっかり空いた場所があったら、ついつい歩いて確かめに行ってしまいます。

先日まさに、都会の中のオアシスみたいな異空間(笑)を見つけまして。それはまた、後日に書きますね。

いつまでも続くであろう(笑)散歩ネタ^^

東京にいた時は、新宿御苑や武道館の周りに行っていましたね。都会なのに、寝っ転がれる位の広い野原があるのが、とても不思議でした。

子供がまだ赤ちゃんの頃は、電車に乗って、ベビーカーを使って散歩にも行っていました。写真が無いのが残念ですが、あの広い空は忘れませんね。

こんな話を書いてると、止まらなくなるので、また続く(かもしれない👅)

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook