LINEで送る
Pocket

読み聞かせ当番、最後の日。

今年度も1年間、小学3年生の絵本読み聞かせに参加してきましたが、先週、私のお当番は最後でした。

1年生からクラスに入って読ませていただいていた学年ですから、お子さん達の成長を感じることができました☺

今回は、久しぶりに図書館から借りてきた絵本をメインに選びました。

犬からキツネをイメージして、キツネがコッホンを。

羊毛フェルトで、しばらく犬を作ってきたからでしょうか、目に入ったのは、絵が綺麗な絵本、マーガレット・M・ブラウンの、「キツネがコッホン」でした。

キツネがコッホン

犬ではないですが、仲間ですから、表紙のキツネを見たら、見つめられているような気がしまして👁👁

目が鋭いですね。こちらのお話には、たくさんの動物さんが出てきます。

みんなキツネに見つからないようにと頑張りますが、そこで何故か、キツネは咳をするんです(笑)

既に動物達には、バレているんですが😜

何故か、コッホン(笑)

動物達は、自分が見つかったと焦ります。

その動物さんの他に、なかなか昼寝をしない子供達もいます。

結局、キツネは誰も捕まえないんですが、何故、咳をしたのでしょうか?(笑)

自分に捕まらないように、したのでしょうか?

友達になりたかったのかな🦊

なんとなく、ドジなキツネの行動に笑えます❤

絵がすごく綺麗で迫力があって、お子さん達は見入っていました。

お話では、夜にキツネがまた来るかもと、みんな大慌てになりますが、キツネはぐっすり眠ってしまいます🛌🏽

その寝てる姿が、また可愛いんですねー。

私はこのような、絵がリアルに近くて、綺麗な絵本が好きです📚❤

ゆうたくんちのいばりいぬシリーズから、こんにちは むしを読む。

もう一冊は、前にも読んでいた、うちにあった「ゆうたくんちのいばりいぬシリーズ」から、「こんにちは むし」を読みました。

ゆうたくんちのいばりいぬシリーズ こんにちは むし

ゆうたくんと散歩に出かけた、いばりいぬのじんぺいくんは、いろんな虫に会います。あり、くも、てんとう虫🐞

ところでこちらは、気温が高めですから、ちょっとあったかな日があると、もう虫を見かけることがありますと、話が飛びますが💦

虫が苦手な人もいると思いますけど、このストーリーの中では、みんなじんぺいくんの友達なんです👍🏽

いばりいぬくんらしい、偉そうな言葉にクスッと笑う、好きなシリーズです。

散歩しながら、飼い主のゆうたくんの行動にも、お子さん達は笑っていました。やはり、絵を良く見てますね。

本を読むことは、自分のためにも。これからも続けたい。

朝の10分間、夏は暑かったり、運動会時期は忙しかったり。

冬は寒いですが、教室にいるお子さん達は、いつも元気です👦🏽👧🏽

10分以内に読む絵本を探すのが、1番苦労しましたが、息子が小学生だった時に読んだ絵本も、フル活動ですよ🏃🏽‍♀️

来年度、お子さん達は4年生になりますから、高学年になり、読み聞かせは月に1度になります。

読む回数が、半分になるんですよね。

自分で本を読むことも増えると思いますが、読み聞かせは、話を読む、知らせるだけでなくて、声を使って、目の前で読むことが良いんだなと思います。

読み聞かせを聞いてきたお子さんは、聞くことに馴染んでいくそうですね。

私は、子供の頃は自分で読んでいましたが、妹に読んでいた写真が残っていました🖼

小さい時から、読むのが好きだったんですね😊

自分のためにも、読んできたんだなと思います。

それで喜んでもらえたら、幸せですね。

来年度も、読んでいるかもしれません😘

そうだったらいいなー。

今年度最後の読み聞かせは、キツネがコッホンと、こんにちは むし。でした。⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook