子供の頃に作った、ポンポンの思い出。

最近、ポンポンのマスコットが人気ですね。

気になりながら、チャレンジしていなかったのですが^^;

ひとまずそれは、置いておいて🙃

ポンポンは、私の子供時代から身近なものでしたが、ポンポンが大好きな友達がいて、一緒に作っていたことを思い出しました。

手に巻きながらでしたが、みんな出来たポンポンを、まるで我が子みたいに(笑)

可愛い可愛い!と、賑々しかったのを覚えています。

最近のポンポンに驚く。

そんな身近だったポンポンが、最近はリアルな動物さんのマスコットになっていまして、初めて見かけた時は、びっくりしました。

丸いポンポンしか知らなかったので、それにお顔が付いたり、動物の体になるとか🐸

どんな風に作っているんだろう?と、不思議でなりませんでした。

私が何年か前に参加したワークショップで、ポンポンメーカーを使うのがありましたし、イベントで子供と作ったりで、ポンポンメーカーを使ったことはあったんですが、すっかり使い方を忘れていまして💦

ポンポンメーカーを、使ってみました^^

そこで本を見ながら、帽子を編んだ際に残った毛糸で作ってみました。

うちにあるのは、小さめな3.5センチサイズです。これで作ってみましたら、最近作っていた、小さめなマスコットと同じくらいになりました。

ポンポンメーカー

ポンポン

ポンポンですから、軽いですねー。これは小物には良いなと思いました。

もちろん大きなサイズのメーカーを使えば、作れるものに幅が出ると思いますが、今回は小さめのメーカーなのに、ちょっと欲が出まして(笑)

試しに、お顔を作ってみました。

帽子に使ったナチュラルな毛糸を使ってみましたので、やはりひつじさんかな?と思いまして、小さなひつじさんにチャレンジ中です🐏

ポンポンのひつじ

上に羊毛を刺して、顔を作るんですね。ポンポンを使って、形と色から作るみたいな感じです。

羊毛で作るポンポンを、以前作ったことがありました。羊毛の種類を選んだら、バラエティに富んだものが出来るんだろうなあと、いろいろ想像しています☺

ハンドメイドは、思い出の元。ワークショップを開きたいです。

最近は、昔流行ったハンドメイドが、更に便利な道具が出来て、ブームになったりするのがありますね。

そんなことを、親子や友達と出来たら、また楽しいですよね👨‍👩‍👧‍👦

私はほとんどの手作業を、母の真似をして覚えてきました。今になって思い出すと、とてもありがたく、そして大事な思い出になっています😊

思い出も一緒に作れる。そんな機会が増えたら良いなと思います❤

来年はそんな機会としまして、ワークショップの開催が目標ですね。準備をして、足を良くして。

春以降にできたら。そんなことを考えています🌺

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook