LINEで送る
Pocket

絵本読み聞かせのために、天神リブロさんへ。

先週の土曜日は久々に、天神リブロさんでの、絵本読み聞かせに行って来ました。

梅雨ですが、お天気は良く、日差しが強い一日でした☀

天神リブロさんは、百貨店、岩田屋本館の中にあるので、もちろん涼しいんです。

お隣では北海道展が開催されていて、人気のイベントですから、かなり賑わっていました。

天神リブロさんの中には、絵本コーナーが丸くあるんですが、何人かのお子さんが、テーブルで本を読んでいましたねー。

お母さんがお子さんに、絵本を読んでいらして、それを見た私は、ニコニコ😊

今回読んだ絵本は、この季節に合わせたもの。手遊びなどの、気分転換を交えて。

読み聞かせはニ人で担当しますが、私が読んだ絵本は、こちらの写真にある三冊プラス一冊です。

読んだ絵本

挿絵がきれいな「ママだいすき」、この時期よく読んでいる「ゆかいなかえる」、小学校でも読んだ「ちいさなねこ」。

そして、お借りした本で、写真を使っている「しゃぼんだまとあそぼう」の四冊を担当しました。

本屋さんでの読み聞かせは、年齢層がどの位になるか、予想出来ないのがあります🤔

赤ちゃんなら、抱っこしてもらいながらだったり、お父さんやお母さんと、幼稚園位のお子さんがいらしたりするので、いろんな年齢層を考えながら、多目に本を持参していきます📚

始まりの時に、座って待っていてくれたお子さんと少し話しましたが、幼稚園に通っているとのことで、いろんなお話をしてくれました。

読む前の、そんな時間も楽しいんです☺

小学校での読み聞かせと違うのは、時間が三十分で、手遊びや本を読みながら、お子さんと会話したりもあるってことですね。

三十分ずっと読み聞かせだけでしたら、飽きたり、疲れてしまうこともあるので、途中で手遊びをしたり、体操をしたり💃🏽

様子を見ながら、気分転換の時間を作っています。

発見と驚き。故郷の物語を伝えていきたいなと、また思いました。

今回は、絵本が大好きなお子さんがずっと集中して聞いてくれて、本の題名も読んでくれたので、とてもびっくりしました。

幼稚園や自宅で、いっぱい絵本を読んでいるんでしょうね👍🏽

幼稚園で読んだことがあると、話していた絵本もありました。

知っている絵本でも、違う場所、違うお友達と聞くのは、新鮮ですよね🌿

読み手が違うだけで、同じお話の雰囲気が変わるってありまして、私も、他の方が読み聞かせるのを聞くのが好きなんです❤

今回、お店に入るところで、故郷岩手の「遠野物語」の絵本を、何冊か見かけました。

京極夏彦のえほん遠野物語のシリーズらしく、「おしらさま」と「おいぬさま」が置いてありましたが、表紙の絵がダイナミックで、ちょっと怖い感じがしました^^;

「ざしきわらし」もありますねー。

私も「おしらさま」の絵本は、以前古本屋で買ったことがあります💰

この絵本を読み聞かせに使う機会は無いんですが、せっかくの故郷にまつわる民話ですから、いつか読めたらいいなと思ったりします。

カッパや座敷わらしなどの話は、私が子供の頃、学校の先生や親から、よく聞かされていました👩🏻‍🏫

口伝えで伝わっていくこと、伝えていくことも大事ですね。

故郷にまつわるお話がたくさんありますから、それも調べてみたいなと思った、土曜日の出来事でした。

本屋さんで、絵本の読み聞かせをしてきました。故郷の民話も、いつか読んでみたいです。でした⭐

良い一日を、お過ごしくださいませ🌞

いつも応援していただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook