流星群が降る夜に、音楽を聞きながら、ブックカバーを作っていました。

朝晩の空気は冷えて綺麗で、空にはオリオン座がくっきり見えていました☄

流星群が降るという夜、我が家からは流れ星は見えなかったんですが、音楽を聴きながら作っていた、羊毛フェルトのブックカバーに、模様をチクチクしていました。

このブルーはやはり夜空かな?と思いまして、季節柄もありますし、あったかそうなひつじさんをチクチク🐏

お顔には久々に、縫い糸でお目々を刺繍しました。

栞にしたかった糸は、前とは変えまして。ひつじさんと同じように白い毛糸を使って、小さなお花みたいにしてみました。そこから、大きなひつじさんに繋がってる感じです。

ひつじさんからもらった毛糸で、本に花が咲いた!みたいな感じでしょうかねー。そんな組み合わせを考えるのが、好きなんです❤

ブックカバー

裏表紙をはめるバンドは、うちにあったテープを使って縫い付けました。

文庫本をはめながらサイズを確認していましたが、長さって難しいですね💦

薄めの本と、350ページ位の本をはめてみましたが、もう少し裏表紙を長めにしたら良かったかもしれないなと。

使い勝手がどうかは、本を持ち歩かないとわからないと思いますが、今はこれで📘

ブックカバー

ネットや本でいろんなブックカバーを見ながらでしたが、作り方や羊毛の量は変えて行くかもしれませんね。

シュシュみたいにゴムに糸を編みつけて、本のバンドにしても良いかもしれません。次はそうしてみようかな。

今回は、やや薄めに出来上がりました。かっちり作ることもやってみたいです。

街中でたくさん販売されている、スケジュール帳のカバーを羊毛フェルトで作ったら、オリジナルのスケジュール帳になるなあなんて。

変化の年は、皆様に感謝。編みぐるみも、作りました。

今年はいろいろなヒントを、皆様からいただきました。イベントに参加しながら、作品製作は試行錯誤の年になったと思います。

いろんな失敗や、やり直しも経験しました。それだけ新しいことにチャレンジしたんだなーと、充実感はありました😊

編みぐるみも作りましたねー。お顔に羊毛を使って作ることができたのも、羊毛フェルトをやってきたからこそだったので、作り続けていきたいなあと思います。

ソファに座っている、最初に編んだひつじの編みぐるみさん。見る度に、自分も笑顔になれたりします。孫が遊びながら笑っている姿が、一番励みになりました👶

オーダーした毛糸は、自分へのご褒美。

週末には、羊毛や糸の在庫チェックをしました。使いたい色が、まだまだいっぱいありますね。

昨年、色をオーダーした毛糸があったんです。赤に近いピンク色の毛糸なんですが、まだ使っていませんでした。

一玉の毛糸を見ていると、自分のために編むのはなんとなく、勿体ないような気分になります。でも、せっかくオーダーしましたので、あったかグッズが何か編めたらなあと思います🕯

一番使うのは、帽子とネックウォーマーです。他にいろんな色の毛糸があるので、パッチワークみたいに合わせて、ショールやベストも、作ってみたいですね。

ピンクの糸って、グレーや茶色と合ったりもしますから、あったかな色合いにできるかも。冬場はパジャマにベストを着て、ちょっと作業することがありますが、肩やお腹があったまるので、ホッとするんですよね🍵

ハンドメイドの便利グッズもいろいろありますし、好きな色で、自分にご褒美も作ってみようかなあと思いました。

寒い日に、あったかな材料でホッとしたいものですね。

TwitterやFacebookでも発信しています。情報をお見逃しなく!


羊毛フェルトの物語 ベガのひつじFacebook